秋分の日を子供に説明しよう!意味や由来を解りやすく説明します!

秋分の日ってなぁに?と、子供に聞かれたら、
どう答えてあげればよいでしょう?

なるべく解りやすく、
やさしい言葉で説明してあげたいですね^^

どんなふうに、噛み砕いて言えばよいのか、
その例も含めて解説します^^

スポンサードリンク

秋分の日を子供に説明する前に

130500-1
秋分の日ってなぁに?と子供に聞かれたら
解りやすく説明してあげたいですよね?

それには先ず、秋分の日の意味や由来を
親御さん自身が知っておく必要があります!

複雑な計算方法や決め方、太陽の南中高度など、
小難しいことは抜きにして^^;

秋分の日とはどんな日なのか、次の章でご説明します^^
                                                        

秋分の日の意味と由来

秋分の日とは、秋季皇霊祭の流れを汲む祝日で、
国民の祝日の一つです。

皇霊祭とは歴代の天皇・皇后・主たる皇族方の御霊を
祭る儀式で、宮中祭祀の一つです。
現在でも春と秋の年二回、宮中で執り行われています。

祝日と祭日の違いについてはこちらの記事をご参照ください^^
      ↓         ↓
祝日と祭日の違いって?休日との違いは?日本の祝日と祭日の一覧
                                                        
1948年に公布・施行された祝日法により、
”祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ”
事を趣旨とする国民の祝日に制定されました。

秋分の日はなぜ休みなのかと言うと、
もともとは皇霊祭だったからなんですね!
                                                        
天文学上では、秋分点(太陽黄経が180度になったとき)を
通過した瞬間を”秋分”
といい、その瞬間を含む日を
”秋分日(しゅうぶんび)”
といいます。

昼の長さと夜の長さが大体同じになる日ですが、
若干、昼のほうが長いようです。

毎年9月23日頃で、地球の運行状態が変わるなどの変化がない、
という仮定付きで、計算上では相当先まで予測できていますが、

祝日としては、閣議決定されたのち、前年2月の官報で
歴要項として発表されます。

よって、2年後以降の、祝日としての秋分の日は
確定していません。
                                                        
秋分の日を中心に、前後3日間、合計7日間が
秋のお彼岸の期間です。

スポンサードリンク

”祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ”という
趣旨があるので、お墓参りや法要を営むことに
意味があるんですね^^

今年(2015年)の秋分の日(彼岸の中日)は9月23日(水)
9月20日(日)が彼岸の入り、9月26日(土)が彼岸明けです。

この期間におはぎをお供えしたり食べる習慣があります。

おはぎをお供えする(食べる)由来は、小豆には、
”邪気を払い、災厄から身を守る”

という意味があるからです。

もうお気づきかと思いますが、秋分の真反対が
春分です。

上記の説明の、秋を春に置き換えると、だいたい
春分(春分の日)の説明になります^^

違うところは、

・太陽黄経が90度になったときが春分点
・”自然をたたえ、生物をいつくしむ”ことが趣旨
・”おはぎ”ではなく”ぼたもち”
 (名称の違いだけで中身は一緒)

という点です。

ぼたもちとおはぎについてはこちらの生地もご参照ください^^
   ↓    ↓
ぼたもちとおはぎの違いって?

                                                        

秋分の日を子供に説明しましょう!

それでは、秋分の日とは何か、子供に説明してみましょう!

-例-

秋分の日は、秋のお彼岸の真ん中の日で、
昼と夜の長さがだいたい同じになる日です。

秋分の日の日の出は真東からで、真西に太陽が沈みます。
日付はだいたい9月23日頃になりますが、
毎年変わります。

今年(2015年)の秋分の日は9月23日(水)で、
9月20日(日)から9月26日(土)までが秋のお彼岸です。

秋分の日を含むお彼岸はご先祖様に感謝をする期間で、
お墓参りやお坊さんにお経をあげてもらうお家もあります。

また、健康な体で幸せになれるよう、お彼岸には、
おはぎをお供えしたり、食べたりします。

----

お子さんが知っている人で、亡くなった方がいれば
ご先祖様とともに、その人にも感謝をする日、
と伝えてあげるのもいいですね^^

ちなみに、来年(2016年)の秋分の日は9月22日(木)
2017年は9月23日(土)です。計算上は^^;
                                                        

まとめ

子供に説明するのって難しいですよね^^;

まず自分が十分精通していないといけないんですが、
それがなかなか難しいです・・・

ゆっくりと丁寧に、自信を持って説明してあげると
きっと納得してくれると思いますよ^^

お互いに頑張りましょう!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

冬至かぼちゃの理由と冬至ゆず湯の由来とは?
小雪とは?意味と由来、日付と行事・食べ物、二十四節気
うなぎのたれの余りを利用して簡単アレンジご飯ものレシピ
お彼岸とは 意味と起源・由来 期間はいつからいつまで?することは?
お彼岸とお盆の違いって?それぞれの意味と由来 時期はいつ?
土用の丑の日の由来って?今年(2015年)はいつ?
ぼたもちとおはぎの違いって?あんころもち・大福とは?地域差は?
恵方巻きの食べ方のルールと理由、黙って食べる?笑って食べる?
冬至とは?2015年はいつ?意味と読み方、行事と食べ物、二十四節気
節分いわしレシピ、シンプルな塩焼きとアレンジ料理の作り方
清明とは?意味と読み方、2015年の日にち、二十四節気と食べ物
夏至の食べ物って何がある?関東・関西その他各地の食事の習慣
二十四節気 大雪の意味は?由来と日付、行事・食べ物
土用の丑の日の食べ物ってうなぎだけじゃなかったの?
節分でいわしを食べる由来と柊(ひいらぎ)の飾り方

Menu

HOME

TOP