穀雨とは?意味と由来、今年(2015年)はいつ?二十四節気・七十二候

穀雨(こくう)って聞いたことがありますか?

たまにニュースなどで取り上げられる、
二十四節気の一つですが、
詳しく知っている人は少ないと思います^^;

そんな、あまり知られていない(!?)穀雨について、
どういう意味なのか?今年はいつなのか?
など、穀雨に関する疑問をまとめました^^

スポンサードリンク

穀雨とは?意味と由来、今年(2015年)はいつ?

05238004881928bb44c346bbf060e4fa_s-1
穀雨とは、二十四節気の第六、毎年4月20日ごろで、
旧暦では3月にあたります。

読み方は穀雨(こくう)。
今年(2015年)から2019年までの穀雨は4月20日です。

太陽黄経が30度の時で、天文学上ではその瞬間を穀雨といい、
次の立夏(2015年は5月6日)の前日である、5月5日までの
時期を指していうこともあります。

穀雨とは、”百穀(数多くの穀物)を潤す雨”という意味で、
煙るように降る春の雨は様々な生き物の恩恵となります。

穀雨の終わり、立夏直前に八十八夜があり、
2015年は5月2日です。
                                                        

穀雨と他の二十四節気・七十二候との関係

穀雨は清明の後、立夏の前になります。

順番としては、

立春 ⇒ 雨水 ⇒ 啓蟄 ⇒ 春分 ⇒ 清明 ⇒ 穀雨 ⇒ 立夏・・・

と続いていきます。

七十二候は
d9437b4aada4f4a73e9c17c67ee1cc3e_s-1
第十六候 葭始生(よし はじめてしょうず)
     葭(よし:植物の葦(あし)のこと)が芽吹き始める時期

スポンサードリンク

第十七候 霜止出苗(しもやみて なえいずる)
     霜が降りなくなり、苗代で稲が生き生きと育つ時期
03e9d4e4ffc3a9b57e6d08b44e82ab05_s-1
第十八候 牡丹華(ぼたん はなさく)
     ”百花の王”牡丹の花が咲く時期
                                                        

穀雨の食べ物、行事など

穀雨の時期の旬の食べ物は、

・明日葉
・アスパラガス
・ごぼう
・さやえんどう
・山椒
・ぜんまい
・空豆
・竹の子
・たらの芽
・ふき
・いちご
・鰆
・しらす
・めばる
・ホタルイカ
・真ダコ
・新茶     etc…
                                                        
穀雨の時期の行事として有名なのが八十八夜の茶摘みですね!
8f00a59e0d987bbcc8de9e466dae73fb_s-1
八十八夜とは、立春(二十四節気の第一)から数えて
88日目、という意味で、今年は5月2日です。

この日に摘んだ一番茶は非常に上質で、この日にお茶を
飲むと長生きする、といわれています。

一番茶を摘んだ後に施す肥料を”お礼肥(おれいごえ)”
というそうで、その後、二番茶、三番茶、と摘んで
いくんだそうです。
                                                        

まとめ

穀雨は、他の節気ほど有名ではありませんが、
生命の息吹と自然の恵みを感じさせてくれる、
何とも趣のある時期ですね^^

雨は苦手なんですが^^;自然の生命のために
無くてはならないものなんだな~と
改めて思います^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ぼたもちとおはぎの違いって?あんころもち・大福とは?地域差は?
うなぎのたれの余りを利用して簡単アレンジご飯ものレシピ
小満とは?意味と由来、語源、旬の食材と行事、二十四節気
立夏とは?意味と由来、2015年はいつ?食べ物と行事、二十四節気
土用の丑の日の食べ物ってうなぎだけじゃなかったの?
恵方巻きの食べ方のルールと理由、黙って食べる?笑って食べる?
うなぎのタレが余った時の活用法!簡単豚肉・鶏肉料理の作り方
夏至の食べ物って何がある?関東・関西その他各地の食事の習慣
大寒とは 2015年はいつ?意味とことわざ 小寒・立春との関係は?
土用の丑の日のうなぎの意味と由来 なぜ?どんな理由があるの?
立春に縁起をかつぐ!財布の使い始めに良い日?するといいこととは?
二十四節気 大雪の意味は?由来と日付、行事・食べ物
大暑とは?2015年はいつ?意味と由来、食べ物・行事・二十四節気
朔旦冬至とは?2014年は19年に一度の特別な冬至です
小暑2015年の日にち、意味と由来、食べ物・行事、二十四節気

Menu

HOME

TOP