土用の丑の日の由来って?今年(2015年)はいつ?

土用の丑の日って、夏だけじゃないって
ご存知でした?

年に4回、約6日ある土用の丑の日の由来と、
今年(2015年)の土用期間と丑の日はいつか?
を、まとめました^^

土用の丑の日の食べ物とうなぎを食べる習慣については
こちらの記事をご参照ください^^
      ↓     ↓
土用の丑の日のうなぎの意味と由来 なぜ?どんな理由があるの?

土用の丑の日の食べ物ってうなぎだけじゃなかったの?

スポンサードリンク

土用の丑の日の由来

土用とは、中国の五行思想(ごぎょうしそう:
五行説(ごぎょうせつ)ともいう)に由来する期間
のことで、
立春・立夏・立秋・立冬の直前の約18日間のことをいいます。

※五行思想(五行説)とは、万物は木・火・土・金・水の
5種類の元素からなるという説

五行における、木・火・金・水をそれぞれ、
春=木・夏=火・秋=金・冬=水に割り当て、

”土”は、それぞれの季節の変わり目において、
季節がスムーズに移り変わる補助的役割を担っています。

いわば季節の”気”同士がぶつかり合わないような、
緩衝剤的な役割、といったところでしょうか^^

一般的に”土用(どよう)の丑(うし)の日”として
騒がれるのは夏の土用なので、1年に一度だと
勘違いしがちですが、春夏秋冬と、年に4回(6日)
あるんですね^^

ちなみに、”節分”も同様で、年に4回あるんですよ^^
四立(立春・立夏・立秋・立冬)の前日、つまり、
土用の最終日を”節分”というので、豆まきや
恵方巻きで有名な2月3日頃だけが節分ではないんですね^^

スポンサードリンク

119664-1
丑の日とは、1年ごとに十二支(子・丑・寅・卯・・・)が
振り分けられているのはご存知だと思いますが、
実は、日にも順番に十二支が振り分けられているんです。

十二日間で1周し、あとはずっとその繰り返しです。

土用期間は約18日あるので、その中には子の日もあれば
丑の日もあり、寅の日・・・と、十二支全部あり、
二回巡ってくる日もある、というわけです^^

”土用の丑の日”というのは土用の期間中の
十二支が丑にあたる日、という意味なんです。

土用の丑の日 今年(2015年)はいつ?

さて、今年(2015年)の土用の期間と丑の日は
いつなんでしょうか?

2015年 土用入り 土用明け 丑の日・一の丑 二の丑
冬土用 1月17日 2月4日 1月25日
春土用 4月17日 5月6日 4月19日 5月1日
夏土用 7月20日 8月8日 7月24日 8月5日
秋土用 10月20日 11月8日 10月28日

 

一期間に二回ある場合は、”一の丑””二の丑”といいますが、
特に断りがない場合は初めの丑の日を指します。
                                                         

まとめ

土用の丑の日って、夏にうなぎを食べる日
だけじゃなかったんですね^^

土用の丑の日の食べ物とうなぎを食べる習慣については
よろしければこちらの記事もご参照ください^^
      ↓     ↓
土用の丑の日のうなぎの意味と由来 なぜ?どんな理由があるの?

土用の丑の日の食べ物ってうなぎだけじゃなかったの?

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

小満とは?意味と由来、語源、旬の食材と行事、二十四節気
冬至かぼちゃの理由と冬至ゆず湯の由来とは?
朔旦冬至とは?2014年は19年に一度の特別な冬至です
うなぎ蒲焼きのタレの作り方 簡単~本格的な手作りレシピ
立春はいつ 2015年は?意味と由来・大寒 小寒 他の暦との違いと旧正月
立冬とは?2015年の日付と意味・由来、食べ物と行事、二十四節気
大寒とは 2015年はいつ?意味とことわざ 小寒・立春との関係は?
うなぎのたれの余りを利用して簡単アレンジご飯ものレシピ
恵方巻きの具材に決まりはあるの?意味と由来、いつから流行ったの?
清明とは?意味と読み方、2015年の日にち、二十四節気と食べ物
小寒とは?2015年は今日(1月6日)が小寒です
節分いわしレシピ、シンプルな塩焼きとアレンジ料理の作り方
立春に縁起をかつぐ!財布の使い始めに良い日?するといいこととは?
寒露とは?今年(2015年)はいつ?食べ物と意味・由来 二十四節気
春分の日と秋分の日は祝日なのに夏至と冬至はなぜ平日?

Menu

HOME

TOP