ホタルはなぜ光る?仕組みと点滅が関東と関西で違うってホント!?

ホタルが乱舞する様子は、
とても幻想的で美しい光景ですよね~^^

ホタルは数秒に1回の割合で点滅しながら光るんですが、
関東と関西とでは周期が違うってご存知ですか?

ホタルが光る仕組みなどとともに
ご説明します^^

スポンサードリンク

ホタルはなぜ光る?その仕組みとは

975ee111a67b1b5dfbd613da245c8703_s-1
ホタルってどうして光るんでしょうか?
熱を発することなく発光するのは不思議ですよね?

ホタルの腹側のお尻に近い部分に”発光器”と呼ばれる
ものがあり、その中には”ルシフェラーゼ”という
発光酵素と、”ルシフェリン”という発光物質があります。

そのルシフェラーゼとルシフェリンの酸化反応によって
ホタルは発光している
んです。

そして、化学反応のエネルギーを熱としてではなく
光として放出しているため、熱くならない
んです。

日本には40種類以上のホタルが生息していると
いわれていますが、羽化後発光するのは
ゲンジボタル・ヘイケボタル・ヒメボタルなど
約10種類程度
といわれています。

(卵や幼虫・蛹の時はほとんどの種類が発光します)

ホタルが光る理由として、

・求愛のため

・外敵を驚かせるため

・毒を持っているように見せかける
 (捕食者に対する警告のため)

などという説があります。
                                                         

スポンサードリンク

ホタルの点滅が関東と関西で違うってホント!?

044170-1
ホタルはずっと光を発しているわけではなく、
数秒間隔で点滅しています。

その点滅の仕方が関東と関西では違うというのですが
本当なんでしょうか??

なぜだか理由ははっきりしないそうですが、
ゲンジボタルに限っていえば、点滅の周期は
関東が約4秒間隔、関西が約2秒間隔なんだそうです^^

(気温や時間などの違いにより、
 一概には言えないそうですが・・・^^;)

富士山のあたりを境に、関東型・関西型に分かれている
そうですが、同じ種類なのにとても不思議ですよね^^;

一説によると、北に行くほど気温が低いので、
エネルギー消費を少なくするためだ、とも言われています。
                                                         

まとめ

神秘的なホタルの光ですが、
まだまだ謎の部分が多いんですね^^;

最近は実際にホタルを見たことがない、という人も
多いそうですが、ぜひ一度ご覧になってみてください^^

ホタルが舞い飛ぶ風景は、何とも言えず幻想的で
素敵ですよ!

ホタル観賞のおすすめスポットは
こちらの記事をご参照ください^^
   ↓      ↓
関西のホタルの名所 おすすめスポットをご紹介!見頃の時期はいつ?

関東のホタルの時期とおすすめ鑑賞スポット

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP