お月見の由来や意味 2015年の二回(十五夜と十三夜)の日にちはいつ?

お月見は、文字通り月を愛でる行事ですが、
その由来や意味ってご存知ですか?

今年(2015年)のお月見の日にちはいつ?
お月見は二回行うってホント?

など、お月見に関する疑問をまとめました^^

スポンサードリンク

お月見の由来や意味

tsukimi_jugoya_usagi-1
お月見とは、旧暦の8月15日に満月を鑑賞し、
楽しむこと
”観月”ともいわれます。

この日に月見団子里芋ススキなどをお供えして
月を眺めます。

お月見のお供え物については
こちらの記事をご参照ください^^
    ↓     ↓
お月見のお供え物の意味と由来 団子や果物、ススキ、里芋・・・
                                                    
旧暦8月15日の月(お月見の日の月)を”八月十五夜の月”
”中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)”
といいますね^^

でも、”仲秋の名月”と書かれているのも
お目にされたことがあるかと思いますが、
両者はどう違うんでしょうか?
                                                    
 ”仲秋” とは、旧暦8月全体を指す言葉で、
対して ”中秋” とは、秋の中日を指す言葉、

すなわち旧暦8月15日のみを指す言葉なので、
お月見の日の月を指す表現としては
 ”中秋の名月”のほうが適切 ですね^^
                                                    
お月見は中国に由来する行事で、平安時代頃には
貴族などが観月の宴舟遊びを行っていました。

当時は直接月を見るのではなく、池の水面や
杯などに映る月を愛でていた
そうです。

実に日本らしくて風流な楽しみ方ですね^^

中秋の名月が雲に隠れて見えないことを”無月”
雨で見えない時は”雨月”といって、

たとえ月そのものが見えなくても、その風情を
楽しむ風習は、古来より受け継がれてきたもの
なんでしょうね^^

スポンサードリンク

                                                    

お月見2015年の二回(十五夜と十三夜)の日にちはいつ?

pyoko9_jugoya-1
 お月見の日は毎年決まってはいません。                                                      
これは、旧歴は新暦(現在の太陽暦:グレゴリオ暦)
とは違い、月の満ち欠けで日付を決めていたためです。

今年(2015年)の旧暦8月15日は、9月27日(日)です。

ちなみに、来年(2016年:平成28年)は9月15日、
去年(2014年:平成26年)は9月8日でした。
                                                    
そして、意外なことに、お月見の日は
必ず満月と重なるとは限らないようなんです!

今年(2015年)の中秋の名月の日は9月27日ですが、
満月は翌9月28日です。

ちなみに、来年(2016年:平成28年)の
中秋の名月の日は9月15日で満月は9月17日、

去年(2014年:平成26年)の中秋の名月の日は
9月8日で満月は9月9日でした。
                                                    
なので、旧暦8月15日前後でお月見をすれば良い、
ということですね^^
                                                    
また、日本独自の風習として、二回お月見を行う
習慣があります。

二回目のお月見は旧暦9月13日に行うことから、
この日の月を”九月十三夜の月” ”後の月”また、

大豆や栗をお供えすることから”豆名月” ”栗名月”
とも呼ばれています。

今年(2015年)の後の月は、10月25日(日)です。

ちなみに、来年(2016年:平成28年)は10月13日、
去年(2014年:平成26年)は10月6日でした。

十五夜または十三夜の片方しか観ないことを
”片見月”といって、縁起が悪いとされていました。
                                                    

まとめ

最近ではお供え物をしてお月見をする家庭も
少なくなりましたね・・・

風情ある古来よりの風習を、なるべく後世に
伝えていきたいものですね^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP