五山の送り火 2017の日程・点火時間と順番 アクセスとよく見える場所

京都の四大行事の一つである五山の送り火・2017年の日程と、
それぞれの点火時間、各場所へのアクセスと最寄り駅、
よく見える場所のご紹介をしています。

臨場感あふれる五山の送り火を体験したい!とお思いであれば、
当記事をぜひ、ご一読ください!^^

全て見える場所をお探しの場合は以下の記事をご参照ください^^
      ↓       ↓
五山の送り火が全て見える場所・ホテル
 

スポンサードリンク


五山の送り火 2017年の日程・点火時間と順番

京都五山の送り火は、毎年8月16日と日付けは決まっています。
今年(2017年)は水曜日ですね。

点火の時間と順番は、

1. 大文字      20:00 点火

2. 松ヶ崎妙法    20:05 点火

3. 舟形万灯籠    20:10 点火

4. 左大文字     20:15 点火

5. 鳥居形松明    20:20 点火

このように、5分ごとに次々と点火されていきます。

点灯時間はそれぞれ約30分です。


送り火がよく見える場所(近く)へのアクセス、最寄り駅は?

五山の送り火は、どうせなら、臨場感あふれる近くで見たい!
という時のために、アクセスと最寄り駅をご紹介します。

 
大文字   京都市左京区浄土寺・大文字山(如意ヶ嶽)

よく見える場所・・・賀茂川(鴨川)堤防
 
最寄り駅・・・京阪 神宮丸太町駅or京阪 出町柳駅

当日は山上の弘法大師堂で法要が行われます。

 
松ヶ崎妙法   京都市左京区松ヶ崎・西山及び東山

よく見える場所・・・
「妙」→北山通(ノートルダム女学院附近)または
    宝ヶ池教習所・宝が池スポーツ広場
「法」→高野川堤防 高野橋北

最寄り駅・・・地下鉄烏丸線 松ヶ崎駅及び叡山電鉄本線 修学院駅

北山通りを歩いていくと、両方観る事ができます。

点火の際「妙」の山の方(西側の山)で読経が行われます。
送り火終了後、涌泉寺で”題目踊””さし踊”が行われます。
(21時頃から約1時間)

これは日本最古の踊りだと言われています。
 

スポンサードリンク

 
 
舟形万灯籠   京都市北区西賀茂・船山

よく見える場所・・・北山通(北山大橋付近)

最寄り駅・・・地下鉄烏丸線 北大路駅

舟形は、西方寺で鳴らす鐘を合図に点火されます。
また、送り火終了後、西方寺にて六斎念仏が行われます。

 
左大文字    京都市北区大北山・左大文字山

よく見える場所・・・西大路通 わら天神前交差点付近から北~金閣寺あたり

最寄り駅・・・京福電鉄北野線 北野白梅町からバスで金閣寺道バス停
       又は、地下鉄烏丸線 北大路駅からバスで金閣寺道バス停

 
鳥居形松明   京都市右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山

よく見える場所・・・広沢の池付近

最寄り駅・・・JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅

又は、松尾橋

最寄り駅・・・阪急嵐山線 松尾大社駅

 


まとめ

五山の送り火が終了すると、いよいよ夏も終わりだな~、
と、少し物悲しい気分になります^^;

でもまだ、翌日の消し炭拾いが残ってますので、
ぜひ、出かけてみてください^^

消し炭について、詳しくは以下の記事をご参照ください。
      ↓      ↓
五山の送り火 大の意味 由来と歴史 始まりはいつから?
五山送り火の消し炭とは?

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP