運動会のお弁当、冷めても美味しい&前日作り置きメニュー

いよいよ、運動会シーズンの到来ですね!

すごく楽しみなんですが、お弁当のことを考えると・・・
ちょっとブルーになってしまいます^^;

そこで、できるだけ当日の朝の負担を軽くできるように、
前日に仕込んでおいたほうが美味しい
(前日から作り置きできる)メニューや、
冷めても美味しいメニューをご紹介します!

スポンサードリンク
前日仕込みのほうが美味しいものって?

子供達に大人気の定番メニューである卵焼きやエビフライ
などは、作りたてが断然美味しいですが、1日くらい
経ってからのほうが美味しいメニューもあるんです^^

煮物やお浸し、ピクルスなんかは少し時間が経ったほうが
食材に味が浸み込んで、作りたてよりも美味しくなります。

”2日目のカレー”と同じ原理ですね。
(カレーはお弁当にはできませんが・・・)

ハンバーグも、種を少し寝かせたほうが味がよくまわり、
美味しくなるので、当日の朝、焼くだけ、という状態まで
前日に作っておくのもいいですね。

スポンサードリンク
冷めても美味しいものって?

温かいうちは美味しい料理も、”冷めたら今一つ”に
なってしまうのはなぜでしょうか?

それは、料理に含まれる油分が固まるからなんです。
なので、油分が多いものほど、その傾向にあります。

よって、お肉なら赤身の部分を使うなどの工夫をすることで
冷めても美味しいおかずをお弁当に入れることができます。

運動会のお弁当におすすめのメニュー

では、運動会のお弁当におすすめのメニューをご紹介します。

・ピクルス
お好みの野菜をピクルスの液に漬け込むだけ。
市販のピクルスの素もあるので、それを利用すると
さらに手軽です^^

ピクルス液の材料(酢100ml、砂糖大さじ3、塩小さじ1/2、
ローリエ1枚、胡椒お好みで・・・)を、全て混ぜ合わせ、
火にかけて沸騰したら、熱いうちにお好みの野菜を
漬け込みます(魚介類を入れると豪華になります)。

・野菜の肉巻き
赤身のお肉(牛・豚)で、スティック状に切って下ゆでした
野菜を巻き、フライパンで焼く。
(巻き終わりを下にして焼くか、楊枝で止めておくと崩れません)
酒・みりん・醤油・砂糖・塩(各適量)で味付けする。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP