運動会のお弁当を前日に作る時の注意点と下ごしらえのコツ

運動会の朝って準備が大変ですよね~^^;

前日までに準備できるものはしておきたい!
ということで、お弁当を前日に作れるものは作っておきましょう^^

運動会前日にお弁当を作るときの注意点と、
時短のための下ごしらえのアイデアをご紹介します^^

スポンサードリンク

運動会のお弁当を前日に作る時の注意点

忙しい運動会当日の朝の準備が、できるだけ簡単になるように、
前日までに作れるものは作っておきたいですよね!

おすすめなのは、下ごしらえまでを済ませて冷蔵(冷凍)
保存しておき、当日の朝に火を入れて、十分冷ましてから
お弁当箱に詰めるのが一番だと思います。

作り置きしておいたおかずも、冷製のもの以外は、
レンジ等でしっかり中心まで温めるようにしましょう!

そして、その後、しっかり冷ましてからお弁当箱に
詰めるようにしてください。

温かいまま詰めて蓋をすると水滴が出来ますが、
それが食品を傷めるもとになります。
                                                        
止めたほうが無難なのは、全部作って冷凍しておき、
そのまま持って行って自然解凍 ⇒ 昼に食べ頃の温度に
なったお弁当を食べる、という方法。

大人なら問題ないのかもしれませんが、
小さい子供は大人に比べて胃腸が弱いし、
体調もちょっとしたことで崩しかねません。

なので、当日の朝、しっかり火を入れて、
しっかり冷まして、を心掛けるようにしてくださいね^^
                                                        

運動会のお弁当を前日に作る、下ごしらえのコツ

コツというか、時短のちょっとしたアイデアなんですが^^;

当日の朝、時間短縮して早くお弁当を仕上げるために、
下ごしらえの段階でちょっと工夫をしておきましょう^^
                                                        
私が大抵、運動会のお弁当に入れるおかずは以下のもので、

・オーブントースターで焼くおかずを1点
・グリルで焼くおかずを1点
・レンチンで済むおかずを数点
・フライパン調理のおかずを数点
・作り置きの冷製のおかずを1~2点
                                                        
トースターで焼くものは、耐熱バットに並べて
ラップをかけ冷蔵庫に入れておきます。

スポンサードリンク

当日の朝、冷蔵庫から出してそのままトースターに
入れて調理します。
(もちろん、ラップは外してくださいね^^)
                                                        
グリルのおかずもアルミホイルを敷いた耐熱バットに並べ、
ラップをかけて冷蔵庫に。

朝、冷蔵庫から取り出してラップをはずし、グリルに
ポンと入れて加熱。
                                                        
レンチンのおかずは、できたものをラップに包み、
冷蔵庫で保存。

朝、レンジで加熱後、ラップを広げて冷まし、冷めたら
ラップごとお弁当箱に詰める。
                                                        
同時進行でフライパン調理のおかず(卵焼きや
ウインナーなど)やおにぎりを作る。
                                                        
要は、当日の朝、もたつかないように、下ごしらえの段階で
準備しておく、というものです^^

これらは調理器具が違うので、同時進行で全てのおかずが
出来上がるのでおすすめですよ^^
                                                        
私がよく作るおかずのレシピはこちらの記事をご参照ください^^

運動会のお弁当を前日に作る!簡単レシピと下ごしらえのアイデア

運動会のお弁当で前日までに作り置きできるおかずの簡単レシピ
                                                        

まとめ

運動会当日、快晴だと、どうしても気温が高くなります。

なので、お弁当が傷まないよう、保冷剤や保冷バッグを
一緒に使い、万全の態勢で行きましょう!

保冷剤がなければ、ペットボトルのお茶を凍らせて、
一緒に入れるのも良い方法です^^

ペットボトルはそのまま冷凍庫に入れると破裂するかも
知れないので、中身は少し減らして、ふたを開けて
立てて入れ、凍らせるようにしてください。

みんなに美味しいお弁当を喜んでもらえるといいですね!^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP