ボジョレーヌーボーとは?ボジョレー?ヌーボー?解禁日って??

ボジョレーヌーボーってよく聞きますよね?
「11月の第3木曜日に解禁されるワインだね!」
ということくらいしか知らなかったので^^;
少し調べてみました。

スポンサードリンク
”ボジョレーヌーボー”ってどういう意味?

ボジョレーヌーボーのボジョレーとは、フランスの
ぶどうの産地(地名)として有名な場所です。

フランス・ブルゴーニュ地方(パリの東南部の位置)
の南側にあり、”美しい高台”という意味だそうです。

ヌーボー(Nouveau)とは、フランス語で新しい、
という意味で、つまりボジョレーヌーボーとは、
”ボジョレーで作られた新酒ワイン”という意味です。

8月に収穫されたぶどうで速やかにワインを造り、
11月に出荷する、というフレッシュワインで、
その年のぶどうの出来具合を確認する”試飲酒”
としての目的があるそうです。

 

なぜ解禁日があるの?

ボジョレー・ヌーボーの解禁日は11月第3木曜日、
今年(2014)は11月20日(木)です。

ボジョレーヌーボーが世界で注目を浴び始め、
よく売れるようになるにつれて、各ワインメーカーが

スポンサードリンク

「どこよりも早く売り出して儲けよう!」

という流れになり、競争がエスカレートし、
質の悪いワイン(時期を急ぐあまり未成熟なものなど)
が出回るようになったため、フランスのワイン法によって
規制、解禁日が設けられるようになりました。

11月第3木曜日の午前0時に解禁となるため、
日本は時差の関係で最も早くボジョレーヌーボーが
飲める国の一つとして、現在のようなお祭り騒ぎ(!?)
になりました。

原産地であるフランスよりも早く飲める、というのも
なんだかおかしな話ではありますが・・・^^;

 

まとめ

昨年、一昨年と、ぶどうの出来具合が芳しくなかった
ので、今年(2014)のボジョレーヌーボーの出来が
気になるところですが、
(その年のワインの出来を占う”新酒”の出来具合、
って少しおかしいでしょうか・・・^^;)

2014年、ボジョレー地方は、ぶどうの生育にとって
理想的な天候に恵まれ、開花も早く、
しっかり熟したおいしいぶどうが収穫できるもようです。

ヌーボーはもとより、2014年のワイン自体が
期待できそうですね!

 

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP