生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

健康・美容・ダイエット

デーツとは?栄養価と効果・効能 美容と健康、ダイエットなど女性の味方

投稿日:2018年1月28日 更新日:

デーツってご存知ですか?

今話題のスーパーフードの一つで、
ダイエットや美容・健康などに良いと
注目を浴びているドライフルーツです。

デーツの栄養価や、その効果・効能、
1日の摂取量や食べ方など、

デーツについて、様々な疑問を
解明していきたいと思います!

スポンサーリンク

 
 

デーツとは?


デーツとは、主にアラブ諸国(エジプト・イラン・
サウジアラビア・モロッコなど)で
広く栽培されているナツメヤシの果実です。

薬膳料理などに使われている
なつめ(棗)と果実が似ていますが別種です。

ナツメヤシは樹高15~25mにもなる大型の木で、
樹齢は100年から、長いもので200年に
なるものもあるんだそうです。

デーツは、実の熟度によって呼び方が変わり、

 

緑色       : キムリ(未熟な)

赤みを帯びた黄色 : ハラール(カリカリした)

熟したもの    : ルターブ(成熟してやわらかい)

完熟したもの   : タムル(天日で乾燥した)

 

など、17ほどの名称があるとのこと。

品種は約400種もあり、イランのピアロム種が
最高品種だと言われています。

結実から完熟まで6か月以上もかかり、
グルコース(ぶどう糖)フルクトース(果糖)
スクロース(ショ糖)の含有量によって、
ソフト、セミドライ、ドライの3種類に分類されます。

そのまま食べたり、ジャムやゼリー、ジュース、
お菓子、などにするほか、
酒や酢の原料にもされます。

 

日本では、豚カツソースやお好み焼きソースの
原料に使用し、とろみや甘み付けに
利用したりもしています。

参照:wikipedia

 

デーツはアラブ諸国やイラク、
モロッコなどの国々で常食されていて、
ドバイでは高級デーツがお土産として人気です。

デーツの味は、種類にもよりますが、とても甘く、
ねっとりとした食感です。

よくプルーンと比較されますが、
プルーンよりは癖がなくて食べやすいかな、
と思います。(個人的感想です)

 

スポンサーリンク

 

デーツの栄養価と効果・効能 美容と健康のための1日摂取量は?


それでは、栄養豊富なスーパーフード
”デーツ”の主な栄養成分を見てみましょう。

 

エネルギー      266 kcal
たんぱく質      2.2 g
脂質         0.2 g
炭水化物      71.3 g
カリウム       550 mg
カルシウム       71 mg
マグネシウム      60 mg
鉄          0.8 mg
亜鉛         0.4 mg
βカロテン      160 μg
葉酸          19 μg
食物繊維       7.0 g
 (水溶性食物繊維  1.5 g)
 (不溶性食物繊維  5.5 g)

可食部100gあたり

参照:文部科学省 食品成分データベース

 

ミネラルや食物繊維が豊富ですね!

 

カリウムは体内の塩分を排出する作用により、
腎臓の働きの手助けをし、
利尿作用もあることから、むくみ解消にも役立ちます。

また、血圧の上昇を抑える効果があり、
高血圧の予防にも役立ちます。

 

食物繊維は、水溶性と不溶性の両方が含まれており、
便秘解消に役立ちます。

また、腸に水分を集めて便を柔らかくする作用がある
マグネシウムも豊富なので、

食物繊維とマグネシウムの相乗効果
より高い便秘解消効果が期待できますね!

便秘症が改善できれば美肌効果も期待できますね!^^

 

βカロテンは、抗酸化作用(活性酸素除去)があります。

また、体内吸収後、ビタミンAに変換され、
視力低下の抑制や夜盲症の改善などに役立ちます。

そして、粘膜を正常に保ち、皮膚の新陳代謝を
促進する作用があるので、
アンチエイジング効果も期待できます。

 

鉄分は赤血球を増やすのに必要な栄養素です。

ビタミンB群の一つである葉酸の、
赤血球の細胞形成を助ける造血作用と相まって、
貧血改善に役立ちます。

 

亜鉛は、味覚の正常化、皮膚・爪・髪の健康維持、
免疫細胞(T細胞やNK(ナチュラルキラー)細胞など)の
活性化による免疫力アップにより、風邪や
インフルエンザなどの感染症を発症しにくくしてくれます。

また、インスリンの分泌をサポートしてくれるので、
血糖値の急上昇を防ぎ、糖尿病予防に役立ちます。

さらに、アルコール分解作用により、
二日酔いに伴う頭痛改善効果も期待できます。

ただし、お酒を飲む前の摂取が効果的なので、
普段からデーツを常食しておくと安心ですね!^^

 

デーツは炭水化物(糖質:ぶどう糖と果糖)が多いので、
疲労回復や、二日酔い解消(ただし、要事前摂取)
脳の空腹感解消効果により、ダイエットにも効果的です。

デーツの簡単レシピはこちら!
    ↓     ↓

デーツの簡単レシピ クッキー・マフィン・スコーン・スムージー・・・

 
 

さて、様々な効果・効能があるデーツですが、
一日の摂取量はどのくらいが良いのでしょうか?

デーツは一日5粒くらいまでにしたほうがよい、
と言われています。

デーツ一粒のカロリーは約11kcal(一粒は約4g)
食べ過ぎれば当然太るし、

副作用(下痢を引き起こす可能性がある)
にも注意が必要です。

食べる量さえ間違えなければ美容と健康に
大いに役立ってくれるでしょう^^

 
 

まとめ

デーツには様々な、薬効ともいえる
効果・効能がありましたね!

デーツの食べ方や保存方法については
次の記事でご紹介いたします^^
    ↓     ↓

デーツの保存方法は冷蔵庫or冷凍保存?おすすめの種類と味 食べ方は?

スポンサーリンク

-健康・美容・ダイエット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アーモンドミルクの作り方 ミキサーで簡単手作り 残りかすも再利用!

大人気のアーモンドミルクですが、 市販のものを買い続けるのは高くつくし、 添加物なども心配で・・・ という時は、手作りしてしまいましょう! 意外と簡単に作れるんですよ^^ 自家製なら無添加で、 甘みも …

熱中症の症状 頭痛の処置と治し方・対策について

熱中症が原因の頭痛って、 普通の頭痛と処置法が違うんでしょうか? 同じ頭痛だからといって、いつもの頭痛薬を飲んでも あまり効果はありません! 熱中症になった時の頭痛の処置と治し方、 その対策についてま …

花粉症の症状 風邪との違い、見分け方と対処方法について

くしゃみや鼻水が続いているけど、 これって風邪?花粉症?? 花粉症と風邪の初期症状は とてもよく似ています。 スポンサーリンク 両者の違いをしっかり見極め 対策を間違えないよう、 両者の特徴をまとめま …

生アーモンドの危険性とソーク(浸水)の方法

生アーモンドは栄養価が高い、 として人気が高まっていますが、 同時に危険性も指摘されていますよね。 どんな危険性があるのか 何に注意すべきなのか など、生アーモンドの危険性について まとめました。 ス …

グルテンフリーダイエットとは?やり方と食べていいもの・いけないもの

海外セレブの間で流行っている ”グルテンフリーダイエット”が 日本でも騒がれ始めましたね。 グルテンフリーダイエットとは何か、やり方、 食べていいもの、食べてはいけないもの、など グルテンフリーダイエ …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー