生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

長崎くんち

長崎くんち2015のスケジュール 今年の踊り町は?見どころと楽しみ方

投稿日:

長崎くんちはオランダや中国など、南蛮文化の
魅力あふれるエキゾチックな祭礼です^^

今年(2015年)のスケジュールは?
今年の踊り町は?

その他、見どころや楽しみ方など
長崎くんちについてまとめました^^

スポンサードリンク

長崎くんち2015のスケジュール

長崎くんち(長崎おくんち)は長崎県長崎市・諏訪神社の
秋季大祭
で、毎年10月7日~9日の3日間開催されます。

ちなみに、今年(2015年)は10月7日(水)~10月9日(金)
までの3日間ですね。
                                                    
10月7日(水):前日(まえび)

 7時~奉納踊(諏訪神社→公会堂前広場→お旅所)

 奉納踊終了後、庭先回り

 13時~お下り(諏訪神社本宮→お旅所仮宮)

 お下り後、その行列に続いて、市役所前~
 県庁前まで傘鉾パレード

 16時~くんちの夕べ(奉納踊:諏訪神社→公会堂前広場)
                                                    
10月8日(木):中日(なかび)

 7時~奉納踊(八坂神社→公会堂前広場)

 奉納踊終了後、庭先回り
                                                    
10月9日(金):後日(あとび)

 7時~奉納踊(お旅所→諏訪神社)

 奉納踊終了後、庭先回り

 13時~お上り(お旅所仮宮~本宮)
                                                    
庭先回り(にわさきまわり):
諏訪神社などの奉納踊を済ませた後、
市内の事業所や官公庁などの前で踊りを呈上し、
福をお裾分けします。
                                                    

お下り:
諏訪神社本宮からお旅所仮宮まで、三基の神輿
(諏訪・住吉・森崎)が下ります。
                                                    
傘鉾パレード:
お下りの行列に続いて、傘鉾がパレードします。
                                                    
お上り:
お旅所仮宮から諏訪神社本宮へ、三基の神輿が戻ります。
県庁坂や諏訪神社の石段を一気に駆け上がる、
迫力ある姿が見どころです。
                                                    
ただし、天候によって奉納踊ができなかった場合は
日程・時間が変更されますのでご注意ください。
                                                    

スポンサードリンク

長崎くんち2015 今年の踊り町は?

長崎くんちの踊り町は、7つの組に分けられており、
7年かけて一巡します。

スポンサーリンク

全ての踊り町の奉納踊を見るには7年かかるんですね・・・^^;
                                                    
今年(2015年)の踊り町は、以下の予定です。

金屋町  傘鉾・本踊(ほんおどり)
西古川町 傘鉾・櫓太鼓(やぐらだいこ)・本踊(ほんおどり)
新大工町 傘鉾・詩舞(しぶ)・曳壇尻(ひきだんじり)
諏訪町  傘鉾・龍踊(じゃおどり)
榎津町  傘鉾・川船(かわふね)
賑町   傘鉾・大漁万祝恵美須船(たいりょうまいいわいえびすぶね)
新橋町  傘鉾・本踊 阿蘭陀万歳(おらんだまんざい)

ちなみに、今年と同じ踊り町の7年前の映像はこちら!

庭先回りの様子ですね。
                                                    

長崎くんちの見どころと楽しみ方

長崎くんちの見どころはいろいろありますが、
やはり奉納踊や庭先回りが盛り上がるでしょう^^

中でも、ダイナミックな龍踊(じゃおどり)
とても人気の演し物の一つです。

観られるのは有料のさじき席だけではなく、
街なかで自由に観覧することができます。

奉納踊の後に行われる”庭先回り”で、市内の
事業所や官公庁などの前で踊りが呈上されます。

コースについては9月末頃から、長崎駅の観光案内所や
バスターミナル(県営バス駅前・長崎バス新地)などで
配布されます。
                                                    
そして、もう一つ、はずしてはならないのが
”コッコデショ”なんですが・・・

コッコデショとは、太鼓山という、太鼓・子供(4人)・
巨大な座布団型の飾りを載せた、総量1トンにもなる神輿を

担ぎ手が勢いよく回転させたり宙に投げて受け止めたり、
という荒業を披露するものです^^


コッコデショとは「ここでしよう」という意味だと
言われています。
                                                    
掛け声についてはこちらの記事をご参照ください^^
     ↓      ↓
長崎くんちとは?歴史と意味・由来 掛け声、龍踊り(じゃおどり)
                                                    
このコッコデショは樺島町のみが担当していて・・・

もうお分かりですよね^^;

そう、7年に一度しかお目にかかれないんです^^;
(特別出演を除いては)

最近では2011年だったので、次は2018年(平成30年)まで
待たないといけないんです・・・

興奮のあまり救急車で運ばれる観覧者もいる、
と言われているくらいの大迫力!

機会があれば、ぜひご覧になってみてください^^

スポンサードリンク
スポンサーリンク

-長崎くんち
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長崎くんちとは?歴史と意味・由来 掛け声、龍踊り(じゃおどり)

長崎くんちは異文化の影響を受けた、 エキゾチックな祭礼です。 スポンサードリンク 長崎くんちの歴史や由来は? 独特の掛け声の意味は? 龍踊り(じゃおどり)って何? スポンサーリンク など、長崎くんちに …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー