生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

岸和田だんじり祭り

岸和田だんじり祭りの楽しみ方 観覧の穴場 口コミ情報

投稿日:2015年6月19日 更新日:

岸和田だんじり祭りに行きたいけれど、
人混みは苦手で・・・

という方へ、少し人の少ない穴場を
ご紹介します^^

少ないと言ってもお祭りなので、
それなりに込みますが^^;

少しはマシだと思いますよ^^

スポンサードリンク

岸和田だんじり祭りの楽しみ方 観覧の口コミ穴場情報1

161104-1
岸和田だんじり祭りを楽しむためには、
マップは必須アイテムです。

事前に公式サイトなどでダウンロードして
持っていくことをおすすめします。
                                                          
だんじりのコースはややこしく、次にどこに行くのか
ルートは参加者にしかわかりません。

なので、「手前の角で曲がってしまった~!」
なんてこともよくあります^^;

それに、だんじりは意外と休憩が多く、かなり長い時間
待っていないとあまり見れないこともあります。

確実に見たいならカンカン場で待っていれば見れますが、
あのあたりは、確実に見られる代わりに、人がものすごく
多いので、それを覚悟で行くならおすすめです。

 ※日当たりもハンパないので、日焼け対策はお忘れなく!                                                            
また、比較的人が少なめな穴場は船津橋近く。
疎開道あたりが良い
と思います。

岸和田駅は混雑してごった返すので、蛸地蔵駅
和泉大宮駅を利用するほうが無難です。

スポンサーリンク

岸和田だんじり祭りのアクセスについて
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
    ↓     ↓
岸和田だんじり祭り2015年の日程 見どころと楽しみ方 アクセス
                                                          
ただ、9時を過ぎるとだんじり曳行が始まり、
思うように通行できなくなるので注意してください。

スポンサードリンク

                                                          

岸和田だんじり祭り春木地区の観覧情報

64291d23ea691ff31c4496132de4cb06_s-1
人混みを避けたいなら、
春木地区のだんじりをおすすめします。

人もそんなに多くないので見やすいですし、
岸和田のだんじりに引けを取らない迫力です^^
(多くないというのは岸和田だんじりに比べて、
 というだけで結構混みあいますよ^^;)

春木駅前のラパーク岸和田あたりは混みあうので
海側の方に行くのをおすすめします。

また、例年、屋台はラパーク岸和田周辺にしか
出ていません。

岸和田だんじり祭りの屋台については
こちらの記事をご参照ください^^
    ↓     ↓
岸和田だんじり祭りの屋台・露店 タオル・tシャツ グッズ情報
                                                          

まとめ

岸和田だんじり祭りといえば、全国でも有数の
勇猛果敢なお祭りとして知られています。

危険と隣り合わせでもあるので、ルールを守り、
地元の方や警察官の指示には必ず従って、
思いっきり楽しむようにしてくださいね^^

スポンサードリンク
スポンサーリンク

-岸和田だんじり祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岸和田だんじり祭りとは 特徴と起源・歴史 由来について

岸和田だんじり祭りとは、 どんなお祭りなんでしょうか? スポンサードリンク その特徴と起源・歴史、由来について、 見物するときのルールなど、 スポンサーリンク 岸和田だんじり祭りについてまとめました^ …

岸和田だんじり祭り2015年の日程 見どころと楽しみ方 アクセス

岸和田だんじり祭り2015年の開催日は いつなんでしょうか? スポンサードリンク また、見どころと楽しみ方、 アクセスについてまとめました^^ スポンサーリンク スポンサードリンク スポンサーリンク …

岸和田だんじり祭りの屋台・露店 タオル・tシャツ グッズ情報

岸和田だんじり祭りのもう一つの楽しみ方は やはり屋台・露店めぐりですよね^^ スポンサードリンク お祭りには欠かせない露店は どのあたりに出ているんでしょうか? スポンサーリンク スポンサードリンク …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー