生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

紅葉情報

京都の紅葉・おすすめスポット!人気の名所をご案内!

投稿日:2014年9月12日 更新日:

京都はいつ訪れても町並みなどが情緒的で、
とても美しいところですが、

紅葉の時期は格段に美しく、
とても人気があります。

一口に京都の紅葉といっても、
いろんな名所がありますので、

特におすすめのスポットを
ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 
 

京都のおすすめ紅葉スポット1・永観堂

永観堂の正式名は”禅林寺”といい、
別名”もみじの永観堂”といわれるほど、
紅葉の美しさで有名なところです。

2014年11月8日~12月4日まで、”秋の寺宝展”
開催され、同期間、17:30~20:30にライトアップも
実施されます。

お問い合わせ・・・永観堂:075-761-0007

 
 

京都のおすすめ紅葉スポット2・東福寺

東福寺は”通天もみじ”と呼ばれる
楓の紅葉が美しく、
通天橋からの眺めは圧巻です。

赤・オレンジ・黄に染まった
雅な風情が楽しめます。

お問い合わせ・・・東福寺:075-561-0087

 
 

京都のおすすめ紅葉スポット3・嵐山

嵐山は四季を問わず、
京都屈指の人気スポットです。

紅葉もすばらしく、11月第2日曜日には、
”嵐山もみじ祭り”が、

渡月橋がかかる大堰川一帯で
開催されます。
 

渡月橋を渡って少し先に、
世界遺産である天龍寺があるので、
そちらも必見です。
 

余談ですが・・・渡月橋はカップルで渡ると別れる、
という噂があって、私の周りでも何組か・・・

好きな人と行く場合はご注意を^^;

 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 

京都のおすすめ紅葉スポット4・清水寺

”清水の舞台から飛び降りる”
という言葉のとおり、

迫力のある清水寺も、紅葉のスポットとして
とても人気があります。
 

2014年11月14日~12月7日に
”秋の夜間特別拝観”が開催され、

同期間、18:30~21:30まで
ライトアップも実施されます。
 

お問い合わせ・・・清水寺寺務所:075-551-1234

 
 

京都のおすすめ紅葉スポット5・三千院

三千院のある大原も紅葉の名所として、
その落ち着いた雰囲気を好む方が多いですね。

三千院の近くには勝林院や宝泉院などがあり、
2km弱のところには寂光院があるので、
紅葉めぐりをしてみても!
 

お問い合わせ・・・三千院:075-744-2531

 
 

まとめ

京都の紅葉は全国的にみても
非常に人気があるため、
相当の混雑が予想されます。
 

京都は道幅が狭く、一方通行も多い町なので、
地元の地理に詳しくない方は車で行くのは
大変だと思います。
 

できれば平日にするか、休日なら公共交通機関を
利用するほうが賢明でしょう。
 

また、ライトアップなどの予定は変更になる
場合がありますので、事前に各寺院などに
お問い合わせください。

 
 

スポンサーリンク

-紅葉情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

京都の紅葉・おすすめの穴場的スポットをご紹介!

京都は紅葉の名所として、 全国屈指の人気を誇る観光地です。 それだけに、シーズンの休日ともなると 大混雑は避けられません。 そこで、少し穴場的な 紅葉スポットをご紹介します!   スポンサー …

紅葉情報2014今年の紅葉の見ごろはいつ?

今年(2014)の紅葉予想が 発表されましたね! 今年はいつごろから楽しめるのでしょうか? また、色合いはどうなんでしょうか? 気になる情報をまとめました!   スポンサーリンク

奈良の紅葉ライトアップスポット情報!

昼間の紅葉も綺麗だけれど、 ライトアップされた幻想的な雰囲気の 紅葉もとても素敵ですよね! 奈良でライトアップが実施される 紅葉スポットをご紹介します。   スポンサーリンク

奈良の紅葉の名所・おすすめスポットはここ!

関西で人気の紅葉スポットと言えば、 まず京都と次に奈良があげられますよね! 古都・奈良の街並みも、風情があって、 紅葉の時期はまた格別の美しさです! そんな奈良のおすすめ紅葉スポットを ご紹介します。 …

箱根の紅葉・おすすめスポット情報をご紹介!

箱根は紅葉の名所としても人気で、 毎年観光客がたくさん訪れます。 一口に”箱根”といっても 様々な紅葉の名所がありますので、 おすすめスポットを ご紹介します。   スポンサーリンク

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー