猫にとって危険な食べ物・植物etc.まとめ

人間にとっては何でもないものでも、
猫にとっては大変危険なものだった、
というものは意外とたくさんあります。

猫が誤って食べたりしないように、
遠ざけなければならないものを
まとめてみました。

スポンサードリンク
猫が中毒を起こす主な食べ物

・チョコレートなどココア製品
・ぶどう、干しぶどう
・梅、桃、アンズ
・玉ねぎなどネギ類やにんにく
・きのこ
・生卵
・生魚
・いか(するめ)、たこ、貝類
・海苔
・牛乳
・コーヒーなどカフェインを含むもの

最近、某子供向け人気アニメで、猫の好物が
チョコレート菓子、という設定の番組があって、
気になっているのですが、

猫にチョコレートは絶対にダメです!!

 

猫にとっての有害植物

猫にとって有害な植物は、一説では700種類以上
あるんだそうです。

ここでは、特に重篤な症状が報告されている
植物を挙げてみます。

・葱、浅葱(ネギ科)
・アジサイ(アジサイ科)
・ツツジ、アザレア、馬酔木(ツツジ科)
・アマリリス(ヒガンバナ科)
・ユリ、サフラン、立葵(ユリ科)
・梅、杏子(バラ科)

これ以外にも、猫にとっての有害植物は
たくさんあります。

スポンサードリンク

猫にとって安全な猫草(イネ科の植物)以外は
遠ざけておいたほうが良さそうですね・・・

 

その他の危険なもの

・人間用のサプリ
・アルコール
・エッセンシャルオイル(アロマオイル・精油)
・タバコ

最近はアロマブームでエッセンシャルオイルを
生活に取り入れていらっしゃる方も多いと思いますが、
猫にとっては大変危険です。

猫はエッセンシャルオイルを代謝することができません。
よって、直接舐めるなど、急性中毒以外にも、
蓄積された物質によって、慢性中毒症状が現れる
こともあります。

また、経口以外にも、皮膚からや吸入によっても
同じ危険性があることも報告されていますので、
注意が必要です。

 

まとめ

猫はもともと吐きやすい動物なので、
たいていは大丈夫(胃に溜まった毛玉を
出しているだけ)なんですが、

万が一、何かの中毒だった場合、早急に
対処しなければなりません。

呼吸困難や痙攣、昏睡状態になった時などは
早急に受診するようにしてください。

また、嘔吐の後、食欲がない場合も
掛かり付けの医院で診てもらったほうが良いでしょう。

猫のために、良かれと思ってしたことが
大変危険なことだった!なんていうことのないように、
日頃から気を付けてあげたいですね。

 

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

花粉症対策飲料・症状を和らげるビタミンや栄養素が入った飲み物
戌の日・安産祈願とは?お参りはいつどこで?初穂料はいくらが相場?
幼稚園の入園式の服装で母親と子供は何を着ていったらいい?
厄年とは?意味と起源、年齢の正しい数え方、早生まれの厄年は?
初詣のおみくじで凶が出た!二度引くのはいい?引いた後はどうするの?
喪中はがきが間に合わない時はどうすればいい?
花粉症の症状 風邪との違い、見分け方と対処方法について
保育園の入園式の服装で親と子供は何を着たらいい?
西宮えびす祭り何時まで?イベントの開門神事その他の情報
山の日が制定された理由、なぜ祝日?いつから施行?なぜ8月11日?
花粉症の症状を緩和する食べ物 必要なビタミンと栄養で症状を和らげる
台風情報・台風19号の進路予想は?
お歳暮のベーコンレシピ・簡単料理の作り方
顔のテカリを抑える方法・化粧崩れの悩みを解消するスキンケアと化粧法
おみくじの意味一覧と用語の正しい読み方、運勢の種類と順番は?

Menu

HOME

TOP