ハロウィンのお菓子 何をどのくらい、どうやって渡す?

ハロウィンといえば、キリスト教のお祭り(お祝い?)
なので、今まで日本ではあまりなじみが
無かったんですが、

最近になって、幼児・児童の英語教育が
盛んになるにつれて、だんだんポピュラーに
なりつつありますね。

スポンサードリンク

ハロウィンとは毎年10月31日に行われ、本来は秋の収穫を祝い、
悪霊を追い払う意味合いがあり、キリスト教では11月1日が万聖節
(諸聖人の日)で、その前夜祭だったんだそうです。

現在では宗教的な意味合いはほとんど無くなり、
子供達のお祭りになっていますね。

アメリカでは、子供達がお化けや魔女など思い思いの仮装をし、
「トリック・オア・トリート(Trick or Treat)」
お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!
と唱えながら各家を訪ねて回りますが、日本ではそのような光景は
あまり見かけませんね・・・
(仮装するとしたら、室内パーティーが多いでしょうか)

スポンサードリンク
どんなお菓子をどのくらい渡したらいい?

仮装はしないまでも、お菓子をおねだりに来る子は時々います。

そんな時、どのようなお菓子をどのくらい渡したらいいのでしょうか?

渡すお菓子は気持ちの問題なので、そんなにたくさんでなくても良いです。
(アメリカでは1人につきキャンディー1個とかなので・・・)

ただ、町内会や幼稚園などの行事の場合は周りとの兼ね合いもあるので、
まわりの方に相談して足並みを揃えたほうが良いと思います。

渡す時に何か言った方がいい?

渡す時は
「これあげるからイタズラしないでね~」
「かわいいお化けだね~」
など、一言声をかけてあげるのもいいかも!

また、玄関内などにジャックランタン(お化けかぼちゃのちょうちん)など、
ちょっとしたハロウィンの飾り付けをしておくのも、気分が盛り上がって
良いと思います。

 

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP