土嚢を手作りして浸水対策をしよう!ひもの結び方と積み方

最近はゲリラ豪雨など、水害が多いですよね・・・

大事な家族と家財を守るために、
少しでもできることをやっておきましょう!

浸水を防ぐための手作りの土のうの作り方を
ご紹介します^^

スポンサードリンク

土嚢を手作りして浸水対策をしよう!

土嚢(どのう)の作り方ですが、口で説明するより
動画を見てもらった方が早いと思うので、
まずは下の動画をご覧ください。
ひもの結び方を詳しく紹介してくれています^^

ゲリラ豪雨は突然やってきます・・・
降りだしてから土嚢は作れないので、
普段から準備をしておいてくださいね^^

スポンサードリンク

saigai_yukaue_shinsui-1
また、雨が降り出してから作るなら、
簡易のものを作るのが早くて良いと思います。

浸水から家財を守るために、家庭で簡単に出来る
簡易水のうの作り方をご紹介します。

・ゴミ袋(大きいレジ袋でも可)を二重(薄手のごみ袋
 の場合は三重以上にする)にして、袋の半分くらい
 まで水を入れて口をきつく縛る。

 ドアの隙間などをふさぐように隙間なく並べる。
                                                   
・上記の簡易水嚢を段ボール箱に入れ、それを
 ドアなどに並べる方法もあります。

 この方が安定するので、積み重ねることもでき、
 より強度が増すのでおすすめです^^
                                                   
段ボール箱とゴミ袋(大型レジ袋)を普段から
あらかじめストックしておくといいでしょう!
                                                   
あと、ポリタンク(灯油用などの大型のもの)に水を入れ、
レジャーシートなどで包んで使用したり、

土の入ったプランターをシートでくるむ、
などという方法も効果的です。
                                                   
長い板(無い場合はテーブルや畳で代用)を出入り口に
立てかけ、水嚢で固定する方法もあります。
                                                   
その他の対策について
詳しくはこちらの記事をご参照ください。
     ↓      ↓
台風対策のチェックリスト 事前の準備で万全の備えをしておこう!
                                                   

まとめ

災害は突然やってきて、その身に降りかかります・・・

いざという時に慌てないために、日ごろから少しずつ
準備をしておくと安心ですね^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP