ホワイトデーとは 意味と由来 発祥はいつ?なぜホワイトなんだ?

ホワイトデーとはどういう意味が
あるんでしょうか?

その由来と発祥はいつ?
外国にもホワイトデーってあるの?
なぜホワイト?

など、ホワイトデーに関する疑問を
まとめました^^

スポンサードリンク

 

ホワイトデーとは?意味と由来 発祥と歴史

aec969efd2e0a5fa984959cbc518fa0b_s-1

ホワイトデーとは、バレンタインデーにチョコレートを
もらった人が、3月14日にそのお返しをする、というのが
一般的な認識ですよね^^

では、いつ頃から始まったんでしょうか?

ホワイトデーの発祥の地は日本で、お菓子業界が
昭和40年代頃から販促活動を開始、以降次第に
定着していきました。

歴史は意外と新しいんですね!

外国での反応は、というと、日本の影響を受けたアジアの
一部地域で行われているのみで、欧米諸国では
ホワイトデーの習慣はありません。

バレンタインデーと同じく、ホワイトデーの元祖についても、
お菓子業界の各社がそれぞれ主張しているようですね^^;

 

・全国飴菓子工業協同組合が3月14日に定め、後に
ホワイトデーからキャンディの日に変えた、という説。

・石村萬盛堂という、福岡の老舗のお菓子屋さんが、
”マシュマロデー”として売り出したのが最初、という説。

スポンサードリンク

・不二家とエイワが協力し、”メルシーバレンタイン”
キャンペーンを開催し、”白(ホワイト)は幸福を呼ぶ・
縁起が良い”ので”ホワイトデー”と設定した、という説。

 

なぜ”ホワイト”なのかと思っていましたが、幸福を呼ぶ・
縁起が良い、という意味にあやかったんですね。

そういえば、昔から白蛇など、白い動物は
”神様の使い”だとも言われていますよね^^

現在これだけ流行しているのは、お祭り騒ぎが大好きな
国民性を、うまく利用したお菓子屋さんの戦略勝ち、
ということなんですね^^;

また、近年では、バレンタインデーは女性から男性へ、
という日本独自の風習が崩れつつあるのと同様に、
ホワイトデーも男性から女性へのお返し、
という定義は変化してきているようです。

欧米諸国のように、男女や年齢の区別なく、誰もが
お世話になった人へ贈り物をする、という流れに
なってきているんでしょうか。

 

まとめ

よく、”ホワイトデーは三倍返しが礼儀”などといわれますが、
私はそうは思いません。

心をこめて贈ってくれたものに対して、心を込めてお返しをする、
それに伴った”三倍返し”なら、とても意義があると思いますが、
金額のみ追求するのはそれこそ”礼儀”にかなっていない
と思います。

でも、心を込めてお返しをする、ということは、
何も考えずにただお金をかけるより、
はるかに難しいことなのかもしれませんが^^

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP