生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

天神祭

天神祭とは?その由来と歴史 船渡御・陸渡御とはどういうもの?

投稿日:2019年6月9日 更新日:

天神祭は日本各地で
開催されますが、

特に大阪の天神祭が
有名ですね!
 

その大阪天神祭の由来と歴史、

メインイベントである
陸渡御・船渡御とは何かを

ご説明します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

天神祭とは?


 

天神祭とは、日本各地の
天満宮で開催されるお祭りのことで、

祭神である菅原道真公の命日にちなんで
25日前後に執り行われます。

 

全国の天神祭の中でも
大阪の天神祭が一番有名で、
 

京都の祇園祭・東京の神田祭と共に、

”日本三大祭り”の一つに
挙げられています。

 

また、住吉祭・生玉夏祭とともに、
”大阪三大夏祭り”の一つでもあります。

 

 

開催期間は6月下旬から
7月25日までの約1カ月間
で、

その間、様々な神事が執り行われます。

 

24日の宵宮・25日の本宮では、
毎年約130万人もの人が訪れます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

天神祭の由来と歴史 陸渡御・船渡御とは?


 

天神祭の歴史は古く、
平安時代にまで遡ります。

 

949年(天暦3年)に大阪天満宮が設立され、
その2年後から始まったと言われています。

 

大川に神鉾を流し、流れ着いた場所に
その年の御旅所を設ける神事を

”鉾流神事(ほこながししんじ)”

といいます。
 

御旅所(おたびしょ)とは神様の休憩場所のことです。

 

御旅所が設けられると、天満宮本殿にて、
御神霊を御鳳輦(ごほうれん:鳳凰飾りのあるおみこし)に
お移しします。

 

そして、御鳳輦を陸を歩いて
川岸までお送りする神事を

”陸渡御(りくとぎょ)”といい、
 

川岸から船で御鳳輦を
御旅所までお渡しする神事が

”船渡御(ふなとぎょ)”です。

 

陸渡御・船渡御ともに、

大阪の地の平安を神様にご覧いただくことが目的

で始められました。

 

これが天神祭の起源だと
いわれています。

 

江戸時代に御旅所が
定位置に定められたため、
 

それ以降、鉾流神事は

祭りの無事と安全を祈願する幕開けの神事

となりました。

 


 

疫病の流行や大川の水位上昇などで、
度々中止されることもありましたが、
 

昭和28年、大川を上流に遡る、
新しい船渡御のコースとなり、
 

平成3年からは水都祭天神祭奉納花火
合同で行われるようになり、
現在へと続いています。

 

 

まとめ

 

大阪天神祭は千年の歴史を誇る
由緒あるお祭りです。
 

ぜひ一度、実際にご覧になってください。

 

大阪天神祭2019の日程や場所、アクセスについては
こちらの記事をご覧ください。
     ↓      ↓
天神祭2019年の日程と開催場所・交通アクセスについて
 

天神祭の奉納花火については
こちらの記事をご覧ください。
   ↓      ↓
天神祭 奉納花火の時間と場所 絶景ポイントと穴場スポット

天神祭の屋台の営業時間は?日程と場所・最寄り駅他おすすめ情報

 

 

スポンサーリンク

-天神祭
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

天神祭2019年の日程と開催場所 陸渡御・船渡御のルートについて

大阪天神祭2019年の日程と 開催場所・陸渡御・ 船渡御のルートや、 交通アクセスについて まとめました。   天神祭は広範囲で催される お祭りなので、 場所と時間をしっかり チェックしてく …

天神祭 奉納花火の時間と場所 絶景ポイントと穴場スポット

千年以上の歴史を誇る大阪天神祭の クライマックスを飾るのが ”奉納花火”です。   花火は見たいけれど、 どこで見たらいいのかわからない! という方へ、   奉納花火の絶景ポイント …

天神祭の屋台の営業時間は?日程と場所・最寄り駅他おすすめ情報

屋台は、お祭りの 楽しみの一つですよね!   大阪天神祭の屋台は何時から? 何時までやってるの? 場所はどのあたり? 最寄駅は?   などの情報をまとめました。 ぜひチェックしてみ …