生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

天体ショー

しし座流星群2018年の方角と時間 極大と見頃はいつ?放射点の位置は?

投稿日:2018年8月1日 更新日:

しし座流星群2018年の情報です。

しし座流星群の方角や時間、
極大(ピーク)や見頃はいつか、
放射点はどの位置にあるのか、

など、今年のしし座流星群について
まとめました。

極大日時は毎年変化がありますので、
観測前にチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

 
 

しし座流星群2018年の方角と時間


しし座が何時ごろどの方角(位置)にあるかは
毎年同じです。

11月中旬、しし座は午前3時ごろに東の空にあります。

23時ごろから昇り始め、そのあたりから
流星が見られるようになります。

地平線に近いころは、長い軌跡の流星が多く、
流星痕が見られることもあります。

高度が高くなるにつれて、
流星の軌跡は短くなって明るい流星が増え、
火球もたまに観測できることがあります。

 
 

しし座流星群2018年の極大と見頃はいつ?

今年のしし座流星群の極大は

2018年11月18日(日)午前7時ごろ

月齢は10(上弦の三日月)

月の入りは午前1時ごろなので、
それ以降の観測条件は良いです。

なので、一番の見頃

11月18日(日)午前1時過ぎから未明まで

となります。

 

過去、大出現を繰り返し、流星雨(流星嵐)を
何度も見せてくれた しし座流星群ですが、
残念ながら今年は大出現はない模様。

出現数は例年並みの、一時間に5個程度
だと思われます。

しかし、流星の醍醐味ともいえる
火球が観測できる確率が高いので、
観測の価値はあると思いますよ!
(あくまで個人的な見解です)

 

スポンサーリンク

 

しし座流星群2018年の放射点の位置

しし座流星群の放射点の位置も毎年同じです。


(クリックで拡大します)

ちょうど、獅子の首のあたりですね!

 

流星は放射点を中心に
全天に広がるように流れます。

なので、放射点を観測する、
という目的が無いのであれば、
どこを向いていても違いはありません。

なるべく暗い方を向いている方が
より見つけやすくなると思います。

 

しし座流星群の特徴や母天体、次回の大出現についてなど、
詳しくは以下の記事をご覧ください。
    ↓     ↓

しし座流星群とは 特徴と母天体 次回大出現はいつ?

 
 

まとめ

今年のしし座流星群は
観測条件が良いですね!

でも、条件が良い時間帯は深夜なので、
その頃に外で観測される場合は
身の回りに十分注意してくださいね!

きれいな流星、出来れば火球が
見られるといいですね^^

スポンサーリンク

-天体ショー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ウィルタネン彗星が2018年12月に地球に最接近

ウィルタネン彗星って、 あまり聞きなれないかもしれませんが、 今年の12月16日に、 地球に最接近します。 ウィルタネン彗星とはどんな彗星か どのくらい近づくのか いつ、どの方角を見れば観測できるか …

ペルセウス座流星群の観測スポット 関東ではここがおすすめ!

年間三大流星群の一つである ペルセウス座流星群がよく見える、 関東のおすすめ観測スポットを ご紹介します! 都心からアクセスが良く、星空の 絶好の観測スポットです。   ペルセウス座流星群の …

火星大接近とは?2018年は7月31日に地球に最接近 周期と距離は?

2018年7月31日に、火星と地球が最接近します。 しかも今回は大接近! 距離はどのくらい? 大接近とは? 最接近とは何か違いがあるの? 地球と火星の最接近の周期は? 過去の大接近や、次回はいつ? な …

こぐま座流星群2018年のピークの時間と放射点の方角

こぐま座流星群2018年の情報です。 こぐま座は北極星(ポラリス)を 含む星座として有名ですね! 活動がおとなしい流星群かと思いきや、 突発出現を見せるなど、 ちょっと気まぐれな流星群です。 そんなこ …

ペルセウス座流星群を自由研究に 中学生向けのまとめ方 例

夏休みの自由研究を、 何にしようか迷ったら、 ペルセウス座流星群の観測を してみませんか? ちょうど夏休み期間中に観測できるので、 自由研究のテーマには もってこいだと思います! この記事では、中学生 …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー