やぎ座流星群 2015年の方角とピーク(極大日)はいつ?

やぎ座流星群って、ちょっとマイナーですが、
火球が観測されることもあるので
個人的には見る価値あり!だと思います^^

そんなやぎ座流星群の方角とピーク(極大日)、
特徴などをまとめました。

スポンサードリンク

やぎ座流星群 2015年の方角とピーク(極大日)

127800-1
やぎ座流星群の出現期間は、7月上旬から8月中旬ごろ、
みずがめ座δ流星群と重なっています。

みずがめ座δ流星群については、
こちらの記事をご参照ください^^
   ↓    ↓
みずがめ座流星群 2015 ピーク(極大)と方角 時間帯は?

位置もすぐ隣なので、やぎ座かみずがめ座か、
どちらの流星か区別がつきにくいこともあります。

今年(2015年)のピーク(極大日)は7月31日の夜中です。

ただ、この頃は、月が満月に近いので、
観測条件としてはあまりよくないようですね・・・

スポンサードリンク

観測するとしたら、夜中の3時頃に月が沈むので、
それからのほうが良さそう
です。

方角は南、高度は40°~50°くらい、
出現は1時間に数個程度と少ないですが、
ゆっくり流れるので観測しやすいです^^

また、火球が観測されることもあるので、
そういう意味では見ごたえのある流星群
とも言えるでしょう^^

※火球・・・流星の中で、マイナス4等級よりも明るい
 ものを”火球”といいます。
 途中で爆発・分裂しながら流れるのものあり、
 非常に明るく見ごたえのある流星です。
                                                         

まとめ

やぎ座流星群って、ペルセウス座流星群などのように
あまり華やかな流星群ではありませんが、

時折、火球が観測されるので、
頑張って観測してみるのもいいですね^^

火球は本当に迫力があるので、
見つけたら感動ものですよ!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

りゅう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯
ペルセウス座流星群の観測スポット 関西ではここがおすすめ!
オリオン座流星群のピークの時間帯2015 輻射点(放射点)と見える方角
みずがめ座流星群 2015 ピーク(極大)と方角 時間帯は?
しぶんぎ座流星群2016年 特徴と方角 極大日(ピーク)と時間帯
獅子座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?
おうし座流星群2015年の極大時間と方角 ピークはいつ?
こぐま座流星群2015年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
ペルセウス座流星群の観測スポット 関東ではここがおすすめ!
はくちょう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯
こと座流星群2016年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
皆既月食はなぜ赤い?理由と仕組み 日本の日程と方角・時間
ペルセウス座流星群とは?どの方角で見える?ピークの時間帯は?
ふたご座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?

Menu

HOME

TOP