台風対策 窓ガラスが割れる前に!被害を予防する方法

台風による窓ガラス破損の被害が
最近多くなってきているようですね・・・

近頃の台風は地球温暖化などで
威力が増してきているし、

台風だけではなく、竜巻や突風なども
どんどん増えているので、
今できる対策を早急にやっておきましょう!

スポンサードリンク

台風対策 窓ガラスが割れる前に!

mado_ketsuro-1
台風の時、雨戸やシャッターがあれば安心なんですが、
マンションなど、どちらもない家も多いですよね?

そんな時のために、出来る限りの対策を
しておきましょう。

まず、最近の窓ガラスですが、大分丈夫に作られて
いるので、風だけで割れるのことは少ないです。

※ダウンバーストや竜巻などの超強風では
 割れてしまいます

風で、というより風で飛ばされた物が窓に当たる
ことが原因で窓ガラスは割れる
んです。

では、物が飛ぶほどの強風とは、どれくらいの
風速なんでしょうか?

一般的には、風速20m/s以上で物が飛び始める、
といわれています。

窓ガラスが割れてしまうと、雨が部屋の中に
降り込んで、最悪、家電など水に弱いものは
壊れてしまう
可能性もあります。

また、家の中に風が吹き込み、その風圧で
中から屋根が吹き飛んでしまう
こともあります。

台風では中心付近の最大風速が約17~18m/sのものが
多いので、台風が来るという時は、
常に警戒しておかないといけません。
                                                   
では、次の章で窓ガラス破損の被害を予防する方法を
見ていきましょう^^
                                                   

スポンサードリンク

台風対策 窓ガラス破損の被害を予防する方法

shizensaigai_typhoon-1
まず、台風が近づいてきたら、風で飛びそうなものを
片付けてください。

植木鉢ガーデニング用品物干し竿ゴミ箱
小石濡れ雑巾などでも割れることもあるようなので、

出来るだけ家の中に入れるか、飛ばないように固定する
などの対策をしてください。

あとは、ガラスに米印の形にガムテープを貼る。
(紙素材は後で剥がしにくいので、
 布テープのほうが便利ですよ^^)

段ボールをガムテープでガラスに貼りつける、
なども効果的です。

ガラス飛散防止フィルムなどをあらかじめ
貼っておくのもいいですね!

楽天市場 飛散防止フィルム一覧

もし可能なら、後付けのシャッターや雨戸の工事を
しておくと万全です^^
                                                   
台風への対策全般について
詳しくはこちらの記事をご参照ください。
     ↓      ↓
台風対策のチェックリスト 事前の準備で万全の備えをしておこう!
                                                   

まとめ

最近は地球温暖化などの異常気象で台風の勢力は増し、
竜巻などの突風が増え、
ますます警戒を強めなければならない状況です。

いざ、という時に慌てないように、普段から
少しずつ準備を進めておいてくださいね^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP