鍋の焦げの落とし方・しつこい臭いも一緒に落とす方法

鍋やフライパンに臭いがついてしまうと
なかなかとれませんよね・・・

洗剤でしっかり洗っていても残ってしまう
臭いと、こびりついてしまった頑固な焦げを
落とす方法をご紹介します。

スポンサードリンク

 

鍋やフライパンの臭いをとるには?

・重曹と水を入れて沸騰させ、そのまま漬け置きする。

鍋の大きさにもよりますが、小さじ1~大さじ1くらい
を入れると良いです。

ただ、アルミの鍋は黒ずんでしまうので、重曹は
使用しないでくださいね!

・茶殻orコーヒーかすをフライパンや鍋で煮てそのまま冷ます。

・米のとぎ汁に一晩漬ける。

・鍋に柑橘類の皮と水を入れ、沸騰させる。

 

鍋やフライパンについた焦げを落とすには?

・玉ねぎの皮と水を入れ、沸騰させる。

焦げがふやけてきたら、しゃもじ等でこすると取れます。

・重曹と水を入れて沸騰させ、そのまま漬け置きする。

スポンサードリンク

重曹は焦げ付きを落とすのにも有効です。
焦げの場合は水100mlにつき、大さじ1を
目安にしてください。

軽い焦げなら、重曹をクレンザー代わりに
こすってみても良いでしょう。
ただし、こすり過ぎてキズがつかないように
気を付けてください。

・水と酢(大さじ2くらい)を入れて煮て、
そのまま漬け置きする。
焦げが浮き上がってくるので、しゃもじ等で少しこすると
とれます。

・1週間くらい天日干しをする。

焦げた部分がはがれてきます。

 

まとめ

鍋やフライパンの臭いや焦げって、ほんとにしつこくて
嫌になってしまいますよね^^;

でも、力を入れず、うまくできる方法もあるので、
ぜひ、試してみてください^^

重曹はあらゆる場面で登場頻度が高いですね!

※重曹を使った部屋の消臭方法はこちら!http://kamyyusy.com/275.html

100均とかでも簡単に手に入るので、一つ常備しておくのも
いいと思いますよ^^

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP