生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

お歳暮

お歳暮とは?いつ頃、どのくらいの価格の物を贈るのがいい?

投稿日:2014年11月3日 更新日:

今年一年お世話になった人へ、
感謝をこめて贈るお歳暮。

お歳暮はいつ頃、どれぐらいの価格のものを
贈ればよいのでしょうか?

お歳暮を贈る時期や平均価格、人気商品を
まとめてみました。

スポンサードリンク

 

お歳暮とは?意味と由来について

”歳暮”とは年の暮れのことで、元々は、正月に
先祖の御霊をお迎えするための供物を母屋へ
持参する行事でしたが、

後に、年末に一年間お世話になった人へ挨拶に回る行事
”歳暮回り”となり、

それが転じて、その時に渡す贈り物自体を”お歳暮”と
呼ぶようになりました。

元々は祖先へのお供え物だったんですね^^
それが両親や親戚、お世話になった人へと
拡大していって、今日の形になったんですね・・・

また、今日のお歳暮の風習は、江戸時代の商人から
始まった、といわれています。

江戸時代の商売は、盆と暮れにまとめて決済する
やり方が基本で、その支払いの際に贈り物を持参した
習慣が今日のお歳暮の原型となったそうです。

 

お歳暮はいつ贈るのがいい?

お歳暮はいつからいつまでに贈ればいいんでしょうか?

お歳暮は、この一年にお世話になった人へのご挨拶なので、
贈る時期は12月はじめから20日くらいまで、
遅くとも25日くらいまでには、先方へ届くように贈ります。

もし、時期を逃してしまったら、松の内(1月7日まで)に
届けるなら”御年賀”、それ以降は”寒中見舞い”として
贈ります。

スポンサードリンク

寒中見舞いとして贈る際も、大寒(1月20日~2月3日)
までを目安に贈りましょう。

 

お歳暮の平均価格はいくら?

お歳暮の相場はいくら位なんでしょうか?

平均価格としては、大体三千円~五千円くらいが
多いようです。

相手の人に、どれくらいお世話になっているか
によって、金額を分けている人が大部分のようです。

また、先方が喜ぶお品なら、金額にかかわりなく
贈るのもいいですね^^

 

お歳暮の人気商品と選び方

皆さん、お歳暮に、どんな商品を贈っているんでしょうか?

相手の人が喜ぶものを知っている場合は楽(!?)ですが、
わからない場合がほとんどですよね^^;

お歳暮に贈るおすすめ商品は、

・コーヒー
・紅茶
・ハム
・新巻鮭
・カニ

などは、貰って嬉しいものの一例です。
(先方の好みにもよりますが)

自分では買わなさそうなもの・・・
産地直送グルメなど、ちょっと高級な食品などは
どなたに贈っても喜ばれると思います^^

また、お子さんがいらっしゃるご家庭へはスイーツ、
チョコレートなども喜ばれますよ^^

 

まとめ

お歳暮はお世話になった感謝の気持ちを贈るものなので、
商品や価格に決まりはありません。

気持ちを込めて選んだものならば、相手にも
それが伝わり、きっと喜んでくれることと思います^^

 

 

スポンサードリンク

-お歳暮
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お歳暮のハムのレシピ・美味しい食べ方・絶品ハム料理の作り方

お歳暮で、ハムはとても人気があるので 頂く人も多いと思います。 でも、ちょっと量が多すぎて・・・ 食べ切るのが大変、という人も 少なくないです^^; スポンサードリンク そのままスライスして食べるのに …

お歳暮のお礼状の書き方・マナーと文例

贈り物を頂いた時の正式なお礼の伝え方は やはり”お礼状”です。 気のおけない人へのお礼なら電話や メールでも良いのですが、 スポンサードリンク 正式なマナーであるお礼状を出さなければ ならないときのた …

お歳暮をやめる時のマナー・角が立たない上手な断り方

お歳暮をやめたい!と思ってるんだけど、 上手な断り方ができるかな・・・ スポンサードリンク 角が立って気まずくなるのは避けたい・・・ そんな時のための上手な断り方のポイントと 手紙を送るときの例文です …

お歳暮の焼豚レシピ・簡単リメイク料理の作り方

お歳暮の焼き豚をそのまま食べるのに 飽きてしまったら・・・ スポンサードリンク 簡単なアレンジで別の料理に してしまいましょう! 焼き豚を使った簡単リメイク料理の 作り方をご紹介します。 スポンサード …

お歳暮の送り状・挨拶文の書き方・文例

お歳暮の送り状や挨拶文を、あらたまって 書かなければいけないときに役立つ文例です。 スポンサードリンク 時候の挨拶や本文、末文の書き方・ポイントを ご紹介します。 スポンサードリンク 関連

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー