早生まれの子の七五三は、いつお祝いするのがいい?

今年(2014年)の七五三は11月15日(土)ですね。

七五三のお祝いは、統一されたルールのようなものは
ありませんので、基本、各ご家庭で、ということに
なってしまうのですが、そこが悩みの種なんですよね・・・

4月以降に生まれたお子さんをお持ちのご家庭では、
七五三の行事を予定されている方も多いと思いますが、

早生まれのお子さんたちの場合は、みなさん、
どうされているんでしょうか?

スポンサードリンク

<h5>七五三は数え年?それとも満年齢?</h5>


 

七五三には地方ごとのしきたりなどがあり、なかなか
これが正しい、ということはできないんですが、

昔は数え年で、今は一般的には満年齢で行う人が
多いようです。

2014年に満年齢でお祝いするなら、

満七歳・・・平成19年 2007年生まれの女の子
満五歳・・・平成21年 2009年生まれの男の子
満三歳・・・平成23年 2011年生まれの女の子

数え年でお祝いするなら、

数え七歳・・・平成20年 2008年生まれの女の子
数え五歳・・・平成22年 2010年生まれの男の子
数え三歳・・・平成24年 2012年生まれの女の子

スポンサードリンク

なお、三歳のお祝いは男の子・女の子ともにお祝い
するところもあります。

 

<h5>早生まれの子の場合はいつがいい?</h5>


 

では、早生まれのお子さんの場合は
どうすればよいのでしょうか?

満年齢を重視するなら、来年(2015年)、
同じ学年のお子さん達とは別々になります。

数え年でお祝いするなら、今年(2014年)、
同じ学年のお友達と一緒に、ということになります。

 

<h5>まとめ</h5>


 

七五三は地域によって様々ですし、今はみなさん、
結構自由にお祝いなさっているように思います。

なので、周りの方と足並みを揃えるのもいいですし、
お友達と一緒の時期にしたいかどうか、お子さんに
希望を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

また、兄弟姉妹がいるご家庭では、年齢は合わないけど、
お兄ちゃん・お姉ちゃんの時に、一緒に済ませてしまおう、
というご家庭も結構あります。

子供の成長を祝う気持ちが第一なので、あまり
形式にはこだわらなくてもいいと思いますよ!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP