お花見を子連れで楽しむ!東京のおすすめスポットと必須の持ち物

子供連れでもお花見は楽しみたいですよね?

子供にとっても美しいものに触れるのは
とても大事な体験です。

そこで、子連れでもお花見が楽しめるように、
守るべき最低限のマナーや必須の持ち物、
おすすめスポットをご紹介します!

スポンサードリンク

お花見を子連れで楽しむには?

093218-1
子連れでお花見を楽しむためには、
注意しなければならないことがあります。

先ずは、子供から目を離さないこと。

きれいな桜の下で、子供も開放的になるのか、
いつも以上に はしゃぎまわってしまう子もいます。

レジャーシートの上でくつろいでいる間に

「いつのまにか姿が見えない!」

と焦らないように、見通しの良い広い場所に
陣取るようにしましょう!

また、隣のシートとの距離はゆったりとるのが
望ましいですね。

お花見シーズンはどこも混んでいてちょっと難しいかも
しれませんが、お隣に迷惑がかからないように、
なるべく距離をとって、が無難です。

よくやりがちなのが、赤ちゃん連れの方がレジャーシートで
おむつ替えをすること。

近くにトイレがない場合は仕方がないですが、
人目に触れないように、バスタオルなどで見えなくするなど、
なるべく工夫をする配慮が必要です。

そして、一番のNG行為が飲酒です!

酔っぱらってしまっては、いざという時、
子供の面倒が見られなくなってしまいます・・・

子供と一緒にお花見に行くのは楽しみですよね^^

でも、世の中にはいろんな人がいらっしゃいますので、
みんなでお花見が楽しめるように、最低限のマナーは
守るようにしましょう!

子連れでお花見東京おすすめスポット

葛西臨海公園

いち押しは、葛西臨海公園です^^

とても大きな公園で、家族連れが多く、広々とした芝生もあり、
レジャーシートを敷いてお弁当を食べるのもいいですね!

スポンサードリンク

もし子供がお花見に飽きてしまっても、水族館や、
子供が喜びそうな施設もたくさんあるので、そちらで
楽しむこともできます^^

また、完全予約制ですが、バーベキューもできるようなので、
少し大きい子供さんなら、一緒にバーベキューを楽しむのも
いいですね^^

JR京葉線・葛西臨海公園駅から徒歩1分、
という立地も魅力的です!

駅を降りたらすぐ目の前が公園なので、小さい子供や
赤ちゃん連れの方にとっては、移動が少ないのは
嬉しいポイントだと思います^^

お花見で子連れ時の持ち物は何がいる?

着替え
子供は服をよく汚します。
それに、噴水など、水によく入りたがるので、1~2枚は
予備があったほうが安心です。

レジャーシート
子供連れの時は何かと荷物が多いので、荷物を置ける場所と
ゆっくりできる場所を確保するには必需品です。

ゴミ袋
自分で出したゴミは自分で持ち帰るのが原則です。

タオル・バスタオル・ひざ掛け
座ぶとんにもできるし、肌寒い時には羽織ることもできるので。
バスタオルは飲み物をこぼした時や、
赤ちゃんのおむつ替えの時にも使えます。

救急箱・健康保険証
子供がはしゃぎ過ぎてけがをするのはよくあることなので^^;

ウェットティッシュ・おしりふき
ご飯食べる前に手を拭いたり、近くに水道がない時は
何かと便利です。

カメラ
無くても困らないけれど^^;
せっかくの子供の姿を残しておきたいですよね^^

まとめ

小さい子供は移動するだけでも疲れてしまうので、
なるべく近所にするか、交通の便の良いところが無難だと思います。

また、この時期、寒暖の差が意外と激しい日もあるので、
寒さ(暑さ)対策は万全に気をつけてあげましょう^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP