生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

お中元

お中元をやめるタイミング 角が立たない上手なやめ方

投稿日:2015年4月4日 更新日:

お中元って、長年続けて儀礼的になってきたら、
「そろそろやめたいなぁ~」と思いますよね。

かといって、急に贈らないのは変ですし、
先方が気を悪くされるんじゃないかなぁ・・・

など、いろいろ不安になりますよね。

そんな時はどうするのが良いでしょうか?

お中元をやめたい時のマナーをまとめました。

 

お中元を贈って頂くのをお断りしたい場合は
こちらの記事をご参照ください。
    ↓      ↓
お中元のお断りの手紙の書き方 気まずくならないお礼状の文例

 

スポンサーリンク

 
 

お中元をやめるタイミング マナーを守れば大丈夫!

128714-1

お中元を贈るのをやめたいなぁ、と思っても、
そのタイミングが難しいですよね。

相手からのお礼の連絡で、

「今後はお気遣いなく」などという言葉があれば、
「お言葉に甘えてそうさせていただきます」

と言ってしまうのも一つの手ですね!

 

また、親族同士なら、次からはお互いにやめにしようか、
などと提案して、一斉に止めることもできて楽なんですが、

お世話になった方や目上の方に対しては
なかなかそんな切り出し方はできませんよね?

 

そんな時は、まずは、お中元をやめて暑中見舞いなどの
挨拶状のみにし、お歳暮だけを通常通りに贈る。

 

そして、次からお歳暮の金額も徐々に下げていき、
品物はやめて年末の挨拶状や年賀状、寒中見舞いのみ送る、

という方向へ徐々にシフトしていけば
自然にやめられると思いますよ!

 
 

スポンサーリンク

 
 

大事なのは、いきなりスパッと切ってしまうのではなく、
段階を踏んで徐々にシフトしていくこと
です。

そうすれば先方に失礼なくお中元はやめられると思います。

 

季節の挨拶状をしっかり出していれば、
相手に失礼にあたることはありません。

 

案外、面倒だな~と思っている人は多いと思うので、
こちらから切り出すことでホッとする人も
多いかもしれませんよ!

 
 

まとめ

お中元やお歳暮などの贈り物は、一度始めたら
なかなかやめにくいので苦労しますよね・・・

でも、最近では、

贈るのも自由ならやめるのも自由、
疎遠になったらきっぱりやめる、

という男前(!?)な意見もよく聞きます^^;

お中元やお歳暮って、
感謝の気持ちを先方にお届けするのが
一番大事な主旨なので、

それがなく儀礼的に品物をやり取りするのは
本来の姿ではありません。

先方と今後どのような関係を築いていきたいか、
それをよく考えたうえで、お中元(品物)や
挨拶状など、どうするのか決めるべきだと思います。

 
 

スポンサーリンク

-お中元
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お中元の送り状にはどんなことを書けばよい?書き方と文例

お中元を郵送で贈った時、 送り状(添え状)を出すことが ありますよね? スポンサーリンク その時、どんなことを 書けばよいのでしょうか? 送り状(添え状)の書き方と文例、 マナーをご紹介します。 &n …

お中元の意味と由来 贈る時期と値段の相場 もらって嬉しい品物は?

お中元って本来は どんな意味があるんでしょうか? いつごろ贈ればよいのか、 金額はいくらくらい? どうせなら もらって嬉しいものを贈りたい・・・ など、お中元に関する疑問にお答えします。   …

お中元のお礼状の文例 個人あての返事の例文とマナー

お中元をいただいたら、相手の方にお礼の連絡を しなければなりませんよね? その際のお礼状のマナーと例文をご紹介します。 スポンサーリンク ごく親しい人なら電話やメールで良いのですが、 正式なお礼状を出 …

お中元のお断りの手紙の書き方 気まずくならないお礼状の文例

せっかく贈って下さるお中元を、 お断りするのは難しいですよね。 先方が気を悪くしないかなぁ・・・とか、 気まずくなって、今後のお付き合いに影響しないかなぁ、 などいろいろ気になりますしね・・・ でも、 …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー