生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

天体ショー

ペルセウス座流星群の観測スポット 関東ではここがおすすめ!

投稿日:2015年4月16日 更新日:

年間三大流星群の一つである
ペルセウス座流星群がよく見える、

関東のおすすめ観測スポットを
ご紹介します!

都心からアクセスが良く、星空の
絶好の観測スポットです。

 

ペルセウス座流星群の詳細については
こちらの記事をご参照ください。
    ↓    ↓
ペルセウス座流星群とは?どの方角で見える?ピークの時間帯は?

 

スポンサーリンク

 
 

ペルセウス座流星群の観測スポット 関東おすすめ1

・長野県原村 八ケ岳自然文化園

八ヶ岳高原の星空は
とてもきれいだと定評がありますね!

それは、大気が澄んでいて、
光害が少ないからなんです。

 

星空観望会や、STAR WATCHINGなど、
星に関するイベントも多く、

プラネタリウムもあるので、
雨天でも楽しめます。

 

標高1,300mの高地で、夜中に観測される場合は
夏でも羽織りものがあったほうが良いでしょう。

 

中央自動車道・諏訪南ICから約10kmです。


〒391-0115
長野県諏訪郡原村原山17217-1613

 
 

ペルセウス座流星群の観測スポット 関東おすすめ2

・南那須オートキャンプ場

南那須は、過去、環境庁開催の
「星空の町コンテスト」で
第3位になったことがある、
星空がとてもきれいなところです。

南那須オートキャンプ場は、
小高い丘の上にあるので、
天体観測には抜群のロケーションです。

テントサイトは44区画、他にバンガローやキャビンなど
宿泊施設も整っているので、

泊りがけでペルセウス座流星群の
観測をするのもおすすめです。


〒321-0501
栃木県那須烏山市志鳥2947
TEL: 0287-88-0064

 

スポンサーリンク

 

ペルセウス座流星群の観測スポット 関東おすすめ3

・奥多摩周辺

奥多摩は、都内で
最も美しい星空が見られるところ
だといわれています。

 

以前は、奥多摩周遊道路にある月夜見第二駐車場が
絶好の観測スポットだといわれていましたが、

現在では奥多摩周遊道路は夜間通行止めになるので
観測はできなくなってしまいました・・・

 

なので、今は
奥多摩湖ダムサイトパーキングがおすすめです!

ここは24時間営業の無料駐車場です。

圏央道青梅ICから約1時間のところにあります。


〒198-0223
東京都西多摩郡奥多摩町原

 
 

まとめ

都心から比較的近く、アクセスの良い
ペルセウス座流星群の
観測スポットをご紹介しました。

都心から近いほど光害がひどいので、
綺麗な星空を見ようと思ったら、
やはり少し離れた場所のほうが良いですね。

スポンサーリンク

-天体ショー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

北海道の星空スポット 札幌近郊~南側でおすすめの場所5選

北海道で札幌から南側の おすすめの星空スポットを ご紹介しています。   札幌市からのアクセスが良く、 市内からは少し離れているので 光害の心配も要りません。   ちょっと足をのば …

しし座流星群とは 特徴と母天体 次回大出現はいつ?

しし座流星群とは、 どんな流星群なんでしょうか? 過去、流星雨で話題になりましたが、 その特徴と、母天体について、 次回の大出現はいつか、 その周期は? など、しし座流星群について まとめました。 ス …

北海道で星空がきれいなペンション 道北のおすすめ3選

北海道で、きれいな星空が見られる おすすめのペンションをご紹介しています。 一般的なエリア分けでいう”道北”からは 外れる所があるかもしれませんが、 ご了承ください。 北海道の北の地域の星空は 定評が …

ペルセウス座流星群とは?母彗星と輻射点の方向と見つけ方 星座と神話・伝説

ペルセウス座流星群って、 聞いたことがありますか?   某有名バンドのヒット曲の歌詞にもなって グッと知名度が増したので、 知っている人が多いかもしれませんね!   でも、名前だけ …

天体ショー2018年 日本のスケジュールまとめ 流星群や皆既月食etc…

今年(2018年)日本で見られる 天体ショーのスケジュールを まとめました。 流星群や皆既月食、火星大接近など、 今年も魅力的なイベントが たくさんです!! 早めにスケジュールをチェックして、 是非、 …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー