生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

天体ショー

ウィルタネン彗星が2018年12月に地球に最接近

投稿日:

ウィルタネン彗星って、
あまり聞きなれないかもしれませんが、

今年の12月16日に、
地球に最接近します。

ウィルタネン彗星とはどんな彗星か

どのくらい近づくのか

いつ、どの方角を見れば観測できるか

など、ウィルタネン彗星について
まとめました。

 

スポンサーリンク

 
 

ウィルタネン彗星が2018年12月に地球に最接近

ウィルタネン彗星(46P/Wirtanen・
ワータネン彗星ともいう)が
2018年12月16日に地球に最接近します。
 

その距離、約0.078天文単位。
 

天文単位とは、地球と太陽の平均距離で、
1天文単位が約1500億メートルです。

記号は”au”で表されます。
 

よって、地球から約117億メートル
(約1170万km)の距離に近付く
ということになりますね。
 

近付いてこの距離って・・・
宇宙は広大ですね^^
 

それでも、近年 稀に見る近さで
最接近ごろでは3等級くらいになり、
肉眼でも観測できるようです。
 

観測条件が良いところでないと
 難しいかもしれません。

 

12月16日の午後6時ごろ、
東の空、高度約35°の位置にあり、

午後10時ごろ南中、
以後、西のほうへと移動していきます。

 

なお、ウィルタネン彗星の近日点通過
2018年12月13日です。

※近日点とは、太陽に最も近づく点のこと。

 
 

スポンサーリンク

 
 

ウィルタネン彗星は、1948年、
アメリカの天文学者、
カール・ワータネンによって
発見されました。
 

公転周期は5.44年
 

近日点は約1.06au
地球軌道の付近です。

遠日点は約5.13au
木星の軌道付近です。
 

核の大きさは約1.2kmで、
とても小さな彗星です。
 

2011年に、彗星探査機ロゼッタが
ウィルタネン彗星へ着陸する計画がありましたが、

アリアン5ロケット爆発事故の影響を受けて
着陸計画は別の彗星へと変更されました。
 

事故がなければ、ウィルタネン彗星のことが
もっとよく解っていたかもしれませんね。

 
 

まとめ

ウィルタネン彗星は、発見者の
Carl Alvar Wirtanen の発音表記に近い
”ワータネン彗星”とも表記されます。

年間三大流星群の一つである
ふたご座流星群の活動期間と重なっているので、
(極大は12月14日午後9時ごろ)

流星とのコラボが実現するかもしれませんね!

 
 

スポンサーリンク

-天体ショー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

やぎ座流星群 2018の方角は?ピークと見頃はいつ?

やぎ座α(アルファ)流星群の 今年・2018年の情報です。   今年のやぎ座流星群の方角はどのあたりか、 ピーク(極大日)や見頃、活動期間、 母天体や特徴など、   やぎ座流星群に …

しぶんぎ座流星群2016年 特徴と方角 極大日(ピーク)と時間帯

しぶんぎ座流星群とは どんな流星群なんでしょうか?   今年(2016年)のピーク(極大)の時間帯は? どの方角が良く見える? スポンサーリンク 輻射点(放射点)の見つけ方は?   …

みずがめ座流星群2018の方角とピーク 何時が見頃?よく見える方向は?

みずがめ座流星群2018年の情報です。   何時が見頃なのか、 よく見える方向は? ピーク(極大)の時間帯、 輻射点(放射点ともいう。 流星が飛び出す中心点のこと) の位置や母天体は?など、 …

ストロベリームーンとは?意味や由来・言い伝え 2018年はいつ?ブラッドムーンとの違い

ストロベリームーンって、 最近よく聞くようになりましたが、 とてもかわいいネーミングですね^^ ストロベリームーンについては 様々な見解がありますが、 中には誤ったものも見受けられます。 ストロベリー …

りゅう座流星群2018年の方角と放射点 ピーク(極大)と見頃はいつ?

りゅう座流星群2018年の情報です。 どの流星群にもいえることですが、 活動期間は毎年だいたい決まっています。 でも、ピーク(極大)の日時は微妙に変化します。 なので、観測する際は、 その年の情報をチ …