生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

ひな祭り

雛人形の意味と由来、歴史について 選び方・飾り方のポイント

投稿日:

3月3日の桃の節句に飾る雛人形。
豪華できれいな雛人形は
どのような歴史をたどり、
現在のような形になったのでしょうか?

雛人形の意味や由来、
選び方のポイントなどを
まとめました^^

スポンサードリンク

 

雛人形の意味と由来、歴史について

058255-1

昔、人形は、”人形:ひとがた・人の身代わり”として
様々な災厄を肩代わりさせるもの、という役割でした。

雛人形も例外ではなく、女の子の健やかな成長と
幸福を祈る桃の節句に、災いを移して川に流す”流し雛”
が、現在のひな祭りの由来とされています。

雛人形の”雛”は、鳥の”ひな”になぞらえて、
小さく可愛らしいもの、という意味があります。

平安時代の雛人形は、立ち姿をしており(立ち雛)、
現在のような座った雛人形(座り雛)が登場したのは
室町時代の頃だといわれています。

江戸時代に入り、武家など高貴な家の娘の嫁入り道具として
雛人形が用いられるようになるにつれ、まるで家の権力を
誇示するかのように、競うように豪華さを増していきました。

やがて江戸幕府の、人々の消費を一時規制する方針により、
大型の雛人形が廃止され、それにより、”芥子雛:けしびな”
という、高さの平均が10㎝という小さな雛人形が
流行するようになりました。

江戸後期には、男雛・女雛ともに、宮中装束を再現したものが
考案され、その後、官女や随身(左・右大臣)五人囃子など、
内裏雛に付き従う従者人形や御道具類も考案され、
現在のような雛人形のセットへと変化していきました。

 

雛人形の選び方、人形の種類と飾り方

雛人形を選ぶにあたり、ポイントとなることは

・予算
・大きさ(飾る場所・収納場所など)
・人形の種類(衣裳着・木目込みなど)
・手入れのしやすさ(メンテナンスや飾り易さなど)

これらのことを念頭において、お好みの雛人形を選べば
後悔しないと思います。

以下、雛人形の種類と飾り方を簡単にご説明します。

 

衣裳着雛人形(いしょうぎ ひなにんぎょう)

人形用に仕立てた衣装を、実際の人形に着せたもので、
現在、一番多く出回っている雛人形です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

着物のリアルなラインが特徴で、とても人気がありますが、
型崩れには少し注意が必要です。

 

木目込み雛人形(きめこみ ひなにんぎょう)

桐の粉と糊を固めて人形の原型(着物を着た姿)を作り、
そこに着物の生地をヘラで押し込み(この作業を”木目込む”
という)衣装を着せていく技法を使った雛人形です。

衣裳着雛人形より小ぶりなものが多く、型崩れの
心配がないため、扱いやすい雛人形です。

 

親王飾り(しんのうかざり)

男雛と女雛(内裏雛:だいりびな)の一対のみの飾り方です。
もともとは、従者人形や御道具などは無かったので、最も
古の飾り方だといえます。

 

五人飾り

親王飾りに三人官女(さんにんかんじょ)が加わった雛飾り。

 

十人飾り

親王飾りに三人官女、さらに五人囃子(ごにんばやし)が
加わった雛飾り。

 

十五人飾り

親王飾り・三人官女・五人囃子・随身(ずいじん:左・右大臣:二名)・
仕丁(しちょう(衛士:えじ ともいう):三名)の
総勢十五名の雛飾り。

最も人数が多いフルセットの雛人形です。

 

収納飾り(しゅうのうかざり)

雛人形の飾り台に、人形他、全てを収納できるようになった
雛人形です。

片付けるのが楽で、飾るのに場所をとらず、また、
コンパクトに収納できるので、最近ではとても人気があります。

木目込みのような小さめの雛人形なら、十五人飾りを
全て収納できるものもあります。

 

ケース飾り

ガラスやアクリルなどの透明なケースに、
全てが飾り付けられた状態の雛飾り。

自分で飾り付ける必要がなく、人形や道具の手入れが要らないので
手軽でとても人気がある雛人形です。

 

以上のことに加え、飾る場所の雰囲気に合うかどうかも
選び方のポイントとなります。

 

まとめ

雛人形は、立春から2月半ばを目安に飾るのが一般的です。

また、飾る時期は地域によっても違いがあり、3月3日が
終わるとすぐに片付けるところや、旧暦のひな祭りのころ
(4月上旬くらい)まで飾っておくところもあります。

よく、早く片付けないと婚期が遅れる、などといいますが、
この根拠は何もなく、迷信にすぎません。

女の子がいつまでも片付けず、だらだらした性格になるのを
避けるための言い習わしだったのかもしれませんね^^

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク

-ひな祭り
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひな祭りとは 起源と由来、意味について ひな祭りの歌は怖い!?

3月3日は桃の節句・ひな祭りです。 雛人形や桃の花を飾り、 ちらし寿しなどでお祝いをする ご家庭も多いと思います。 スポンサードリンク ひな祭りはいつごろからの 風習なんでしょうか? スポンサーリンク …

雛人形は何歳まで飾る?次女には必要?どちらの親が買うのが正解?

3月3日の桃の節句に雛人形を 飾るご家庭も多いと思いますが、 飾るまでにいろいろな疑問や 問題があるかもしれませんね。 スポンサードリンク 何歳まで飾ればいいの? スポンサーリンク 長女のがあるけど次 …

雛人形を処分する時期はいつ?供養の費用は?娘に譲るのはダメ?

雛人形って、結婚するとき 一緒に持っていく人は少ないと 思います。 みんないつ頃、雛人形を 処分しているんでしょうか? スポンサードリンク 処分する前に供養したいけど、 費用はどのくらい? スポンサー …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー