七夕の笹飾りの由来とは?それぞれの意味と処分の仕方

七夕の色とりどりの笹飾りは
華やかで風情がありますよね^^

そんな笹飾りですが、単なる”飾り”ではなく、
一つ一つにちゃんとした意味があるんです!

それに、飾りだけではなく、
笹や竹にも意味があるんですよ^^

そして、七夕が終わった後、
笹飾りはどうすれば良いのか・・・

七夕の笹飾りについて、様々な疑問を
まとめました^^

スポンサードリンク

七夕の笹飾りの由来とは?

七夕飾り
短冊やちょうちんなどを笹に飾る”七夕の笹飾り”は
日本だけのもの
で、江戸時代から始まった、
といわれています。

笹や竹に飾る由来ですが、笹や竹は昔から、
先祖の霊が宿る植物として、神聖視されており、
神事などによく用いられていました。

笹飾りの風習は、夏越の大祓という災厄払いの行事に
設置される茅の輪の両脇の笹竹に短冊などを吊るしたのが
始まりだといわれています。

このころは、字の上達を願って、自らの書を
笹竹に吊るしていました
が、いつの間にか

”短冊に願い事を書いて吊るすと叶う”

という風に変わっていきました。
                                                            
短冊の色は五色で、これは中国の五行説にあてはめたもので、
緑:木 赤:火 黄:土 白:金 黒:水 を表しています。

ちなみに、中国では短冊ではなく、
五色の糸を奉納するんだそうです。

七夕の日本と中国の違いはこんなところにもあるんですね^^
                                                            
短冊の他の七夕飾りの由来は、

・ちょうちんかざり
 ”願い事が書かれた短冊を明るく照らす意味がある”

スポンサードリンク

・網飾り(ねじりあみ)
 ”大漁・豊作祈願、漁の網を表している”

・神衣
 ”着るものに困らない、裁縫が上達するように”

・吹き流し
 ”魔除けの意味があり、五行説の五色を用いる”

・巾着
 ”節約・貯蓄・繁栄 金運の上昇を願う”

・くずかご
 ”質素・倹約 物を大切にすることの大事さ”

・折鶴
 ”家内安全・健康長寿を願う”

                                                            

七夕の笹は燃やす?処分の仕方

七夕が終わると笹を処分しなければなりませんが、
(処分というと言葉が悪いかもしれませんが^^;)

七夕の笹飾りは、七日の夜に軒先から下し、燃やす、
あるいは川や海に流す(七夕送り)ことで願い事が叶う、

といって、

一昔前までは多くの幼稚園などでそうしていましたが、
(今も一部の地域では実施されているようですが)

今は環境破壊の問題があるのでそうはいかないのが
現状ですよね・・・

なので、近くで笹飾りを燃やす幼稚園などの施設が
あれば、一緒に燃やしてくれるかどうか問い合わせて
みるのも良いですね。

それが無理、あるいはそういう施設がないなら、
地域の規定に従って、ごみとして処分するほかありません。

その際は、子供たちにはわからないように、
処分してあげてくださいね^^
                                                            

まとめ

私が子供の頃は、
「せっかく作った笹飾りを燃やしてしまうのは
 なんだか悲しいなぁ~」
と、よく思っていました^^;

子供ながらに一生懸命作りましたもんね!

今、自分の子供が一生懸命に作ったものを見て、
自分の時より なおさら忍びなく思います(><)

そんな時は、片付ける前に、
ぜひ写真に撮って残しておいてください。

後々、良い記念になりますよ^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP