七夕のそうめんの由来 7月7日に食べるいわれは?行事食の意味を探る!

七夕に食べるものって、
あまり思い浮かばなかったんですが^^;

今でも一部地域では、
そうめんが行事食となっているようです。

その理由は何なのか?

七夕にそうめんを食べるいわれを
まとめました^^

スポンサードリンク

七夕のそうめんの由来

c62b1b45de9c346dbe006028761c0eae_s-1
七夕の行事食は”そうめん”ですが、
その理由は何なのでしょうか?

七夕は五節句の一つで、節句に旬のものを食べると
”邪気払い”や”無病息災”の意味がある
ようなんですが、
七夕の”そうめん”もその一つです。

七夕にそうめんを食べる風習は、なんと千年以上も前、
平安時代の頃からあったそうなんです!

その頃は今のような素麺の形状ではなく、

”索餅:さくべい”

という、縄で編んだような形をした、
小麦粉のお菓子のようなものだったといわれています。

和名は”麦縄:むぎなわ”です。
                                                            
索餅は中国伝来のもので、そのいわれは、

 とある皇帝の子供が7月7日に亡くなり、
 その子が鬼神となって町中に熱病を流行らせたため、

 生前に好物だった索餅を供え、御霊を鎮めたところ、
 熱病は治まり、再び平安を取り戻すことができた。

 それ以来、毎年7月7日に索餅を供えることにより、
 一年間の無病息災の祈願をするようになった。

これが奈良時代に七夕伝説とともに日本に伝わり、
索餅はやがてそうめんへと変化していきました。

スポンサードリンク

そのため、7月7日に食べるそうめんのことを、
中国の故事にちなんで”鬼の腸(おにのはらわた)”
というそうです。

なんだか食べにくくなるネーミングですよね^^;
                                                            
以上のようないわれをもとに、
昭和57年(1982年)から、全国乾麺協同組合連合会では
7月7日を”そうめんの日”と定めています。
                                                            
その他に、そうめんは、

・織姫が織る機織りの糸に見立てている
・天の川を表している
という言い伝えもあります。
                                                            
また、そうめんの中に時々色が付いた麺が入っている
ことがありますが、あれは五行説の五色に由来する、
ともいわれています。

すなわち魔除けの意味がある、ということですね^^

子供の頃は、色つき麺が入っていると、当たりくじを
引いたみたいで、無邪気に喜んでたんですが、
こんなちゃんとした意味があったなんて驚きです^^
                                                            

まとめ

これから夏に向かい、どんどん暑くなってくるので
そうめんはますます、大活躍ですよね!

でも、そうめんだけでは栄養が偏ってしまうので、
野菜や卵などをプラスして補うようにしましょう^^

おすすめレシピは”サラダそうめん”

茹でたそうめんの上に、お好みの野菜とゆで卵を乗せ、
(錦糸卵などでもいいですよ!)
マヨネーズやゴマだれなどを掛けるだけ!

サッパリしてて美味しいですよ!^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP