お中元の意味と由来 贈る時期と値段の相場 もらって嬉しい品物は?

お中元って本来はどんな意味があるんでしょうか?

いつごろ贈ればよいのか、金額はいくらくらい?
どうせならもらって嬉しいものを贈りたい・・・

など、お中元に関する疑問にお答えします^^

スポンサードリンク

お中元の意味と由来 贈る時期はいつからいつまで?

0cfef7732ba3005afd54b83b7aaf1163_s-1
お中元とは、元々は中国の道教に由来する年中行事の
一つで、上元(じょうげん)・中元(ちゅうげん)・
下元(かげん)とある神事の中の一つの行事です。

日本においてのお中元は、日ごろお世話になった人へ、
感謝の意を込めて贈り物をする習慣、または
その贈り物自体
のことをいいます。

贈る時期は、

関東では、7月上旬~15日まで
関西では、7月中旬~8月15日まで

その他、地域によって違いがあります。

もし、関東など、早い時期に贈る地方で、
贈る時期を過ぎてしまった場合は、

8月7日頃の立秋までは”暑中御見舞い”
立秋を過ぎたら”残暑御見舞い”
熨斗の表書きに書いて贈ります。
                                                         

お中元の値段の相場は?

お中元って皆さんどのくらいの金額の品物を
贈っているんでしょうか?

贈る相手やどのくらいお世話になっているか
によって異なりますが、大体、

3,000円~5,000円

くらいが多いようですね。

また、贈る側の年齢によっても平均額に差があります。

20~30代の若い世代だと3,000円~4,000円ほど、
40代以降では5,000円以上、という人が多いようです。

お中元を贈るということは、必然的にお歳暮も
贈ることになり、一般的には同額か、
お歳暮のほうを少し上乗せする人もいます。

スポンサードリンク

そして、一度贈ると何年かは続けることになるので、
そのあたりも踏まえて、無理のない金額を
設定するのが良いですね^^
                                                         

お中元でもらって嬉しい品物は?

お中元をせっかく贈るんだったら
先方に喜んでもらえるものの方がいいですよね?

そこで、先方に喜んでもらえる
お中元選びのポイントをお伝えします^^

お中元の売れ筋は・・・

・夏らしい季節感あふれるもの
a3c591f7cac4110a6e603027c9edcc83_s-1
ゼリーや氷菓、ビール・清涼飲料水など
暑い時期にサッパリした口当たりの良いものは
喜ばれます。

・産地直送のフルーツ
7eaa3a928ad6dfc4a8fa36360e4276b8_s-1
ちょっと贅沢な産地直送のフルーツも良いですね!
普段自宅では買わないようなものも、
贈ると喜ばれるものの一つです。

・お取り寄せグルメ
これもフルーツ同様、普段買わないようなものを
貰ったら嬉しいですよね^^

お子さんが居られるご家庭ならお菓子やデザート、
何世代か同居しているご家庭なら万人受けするものを、

先方のお好みや家族構成をチェックし、
それに合うものを贈ることができるといいですね!

それがわからない場合は商品券や洗剤など、
無難なものを贈るのが良いですね^^
                                                         

まとめ

贈り物を選ぶのは何かと気を使いますが、
お中元は日頃の感謝の気持ちを贈るものなので、
心がこもっていれば先方は喜んでくれるはずです^^

良いお中元の贈り物ができるといいですね^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP