お中元の送り状にはどんなことを書けばよい?書き方と文例

お中元を贈ったときに出す送り状(添え状)には
どんなことを書けばよいのでしょうか?

マナーと書き方、文例をご紹介します^^

スポンサードリンク

お中元の送り状のマナーとは?

a1180_009234-1
お中元は、手渡しするのがベストなんですが、
最近は近くでも郵送する場合が多いですよね。

そんな時は送り状(添え状)を、はがきでも
手紙でも良いので、出すようにしましょう。

季節の挨拶や感謝の気持ちとともに、
発送した日を書き添えるようにします。

※発送した日は”本日”などでも良いです。

その際、送り状(添え状)は品物と同時か、
品物よりも先に、先方に届くように送るのが
マナーです。

贈る時期や熨斗の表書きでお中元だとわかるんですが、
たとえ親しい間柄であっても
送り状(添え状)は出したほうが良いでしょう。
                                                         

スポンサードリンク

お中元の送り状(添え状)の文例

                                                         
—–例文—–

拝啓 暑さが厳しくなってまいりましたが、
皆様ますますご健勝のことと存じます。

日ごろは何かとお世話になり、心から感謝しております。

お礼のしるしといえるほどのものではございませんが、
本日別便にて心ばかりの品を贈らせていただきました。
ご笑納いただければ幸いに存じます。

今後ともよろしくご指導くださいますよう
お願い申し上げます。

これからますます暑さに向かいます。
皆様くれぐれもお体ご自愛くださいませ。  敬具

————–
                                                         

まとめ

送り状には、

・時候の挨拶
・先方の安否を気遣う言葉
・感謝の意
・発送した日

は、最低限、書くようにしましょう。

また、家族や、ごく親しい知人など、
気のおけない人への送り状は、形式にとらわれず、
自分の言葉で書いたほうが、気持ちが伝わって
良いかもしれませんね!^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP