京都祇園祭 山鉾の地図と、登るためにはどうすればいい?

京都祇園祭の山鉾は、その豪華な装飾品から
”動く美術館”とも言われています。

そんな山鉾を間近で見るための各山鉾の位置を
表す地図を紹介しています。

登れる山鉾も紹介していますので、ぜひ
ご参考になさってください^^

スポンサードリンク

京都祇園祭 山鉾の地図

祇園祭山鉾巡行コース略地図※クリックすると拡大します

上図の緑色が前祭に巡行する山鉾で、
紫色が後祭に巡行する山鉾です。

各巡行コースも同じ色で表しています。

オレンジ色で囲っているのが登れる山鉾で、

前祭:八基
長刀鉾・函谷鉾・菊水鉾・鶏鉾・月鉾・放下鉾・船鉾・岩戸山

後祭:二基
南観音山・大船鉾

以上、十基あります。
                                                         

祇園祭の山鉾に登るにはどうすればいい?

fdb671f90dd667224a1eed37aa55a957_s-1
祇園祭の山鉾には登れるものもあるんです!
各山鉾によって条件は違うので、一つずつご紹介します^^

スポンサードリンク

長刀鉾(なぎなたほこ)
粽・グッズの購入が必要。女人禁制なので男性のみ。

函谷鉾(かんこほこ)
拝観料1,000円が必要。

菊水鉾(きくすいほこ)
拝観券付きの粽の購入が必要。

月鉾(つきほこ)
グッズの購入が必要。

放下鉾(ほうかほこ)
自由に登れますが女人禁制。

鶏鉾(とりほこ)
拝観券付きグッズの購入か拝観券500円が必要。

船鉾(ふなほこ)
拝観券300円が必要。

岩戸山(いわとやま)
拝観券付き粽(700円)の購入か、拝観券300円が必要。

南観音山(みなみかんのんやま)
拝観料300円が必要。

大船鉾(おおふねほこ)
拝観料300円が必要。
                                                         

まとめ

昨年(2014年)は大船鉾が150年ぶりに巡行し、
粽やグッズも大人気でしたね^^

人気の山鉾はとても込み合いますので、
気を付けて見学してくださいね!

祇園祭の限定グッズや屋台情報は
こちらの記事をご参照ください。
↓    ↓
京都祇園祭の楽しみ方!限定屋台グルメ・ちまきやグッズを手に入れよう!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP