おうし座流星群2015年の極大時間と方角 ピークはいつ?

おうし座流星群とは
どんな流星群なんでしょうか?

今年(2015年)のピーク(極大)の時間帯は?
どの方角が良く見える? など、
おうし座流星群についてまとめました。

スポンサードリンク

おうし座流星群2015年の極大時間と方角・ピーク


おうし座流星群は、南流星群と北流星群の
2つで構成
されており、

出現期間は南群が9月中旬~11月下旬ごろ、
北群が10月中旬日~12月上旬ごろです。

おうし座南流星群の2015年の極大日(ピーク)は
11月6日、北流星群は11月13日です。

南群は月齢24と条件は良くありませんが、
北群は月齢1と、かなりの好条件です^^

南群は午前1時ごろに月が出るまでが見頃ですね!
                                                          
方角は東の空、午後9時以降、輻射点(放射点)が
高くなってきた頃が見頃
です^^

今年(2015年)は南群・北群ともに、火球の出現が
多い
、との予想なので、
とても見ごたえがあるのではないでしょうか^^
                                                          

スポンサードリンク

おうし座流星群とは?

ecd787041e916f56741b12ffd1a72f91_s-1
おうし座流星群の母彗星(母天体)はエンケ彗星で、
火球が多いのが特徴です。

出現期間も長く、しし座流星群と時期が同じなので、
よく間違われるようです。
                                                          
おうし座といえば、プレアデス星団(散開星団・
和名:すばる)
を含む星座として有名ですね!
他にも1等星:アルデバランも有名です。

おうし座の神話は、全知全能の神ゼウスが
精霊:エウロペに恋をし、牝牛に化けて
エウロペに近づきました。

その後、恋の成就の記念に、
自分が化けた牝牛の姿を夜空の星座にしたのが
おうし座です。
                                                          

まとめ

出現数こそ多く無いものの、火球が多いのは
見ごたえがあって楽しみですね!

火球はとても華やかなので、見たらきっと
感動すること請け合いです^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

はくちょう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯
オリオン座流星群のピークの時間帯2015 輻射点(放射点)と見える方角
ペルセウス座流星群とは?どの方角で見える?ピークの時間帯は?
こぐま座流星群2015年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
やぎ座流星群 2015年の方角とピーク(極大日)はいつ?
ふたご座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?
ペルセウス座流星群の観測スポット 関東ではここがおすすめ!
こと座流星群2016年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
皆既月食はなぜ赤い?理由と仕組み 日本の日程と方角・時間
みずがめ座流星群 2015 ピーク(極大)と方角 時間帯は?
ペルセウス座流星群の観測スポット 関西ではここがおすすめ!
りゅう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯
しぶんぎ座流星群2016年 特徴と方角 極大日(ピーク)と時間帯
獅子座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?

Menu

HOME

TOP