節分でいわしを食べる由来と柊(ひいらぎ)の飾り方

節分に鰯(いわし)を食べたり、
柊(ひいらぎ)と鰯を飾る習慣が
ありますが、どのような由来が
あるんでしょうか?

スポンサードリンク

 

節分いわし(柊鰯:ひいらぎいわし)の由来

086409-1

節分に柊(ひいらぎ)と鰯(いわし)が用いられる由来は、

ひいらぎは、葉の棘が、鬼の目を刺すので、玄関に飾っておくと
鬼が家に入ることができないため。

いわしは、焼いた時の煙と臭気を鬼が嫌うから、
とそれぞれ言われています。

どちらも鬼除け(魔除け)の意味が込められていたんですね!

節分に鰯(いわし)と柊(ひいらぎ)を飾るのは、
いつ、どのように始められたのか定かではありませんが、
平安時代では正月のしめ縄と柊の枝、鯔(ぼら)の頭が
飾られていたようです。

また、ひいらぎの小枝に鰯の頭を刺して玄関先に飾っておく
という習慣から、西日本を中心に、節分にいわしが食べられる
ようになりました。

これは、いわしを食べることで、体の中の鬼(邪気)を追い出す、
という意味合いも込められているようです。

スポンサードリンク

 

柊鰯はいつからいつまで飾る?

一般的には節分の日とその翌日(立春)のみ、あるいは
節分から2月いっぱい、というご家庭が多いですが、
地域によってかなり差があります。

中には、次の節分まで、つまり1年間飾っておく、
というところも!

飾り始める日も、小正月(1月15日)あたりから、
という地域もあります。

はっきり、これ!といった決まりがないので、
お住まいの地域の習慣に合わせるか、
自分で納得する期間、飾ればよいと思います^^

 

柊鰯の処分方法は?

柊鰯は魔除けの意味があるので、どう処分したらよいのか
迷いますよね?

処分するやり方も複数あり、

・塩で清め、半紙に包んで捨てる

・神社やどんど焼きなどで焼いてもらう

・庭に埋める

など・・・

そのままゴミ箱にポイ!と捨てるのは抵抗がある、
ということでしたら、上記のような処分の仕方が
良いでしょう。

塩で清めて半紙に包んで捨てる、というのが
一番手軽でやりやすいかもしれませんね^^

 

まとめ

節分に豆まきはするけれど、ひいらぎいわしまでは
やらないよ、という人がほとんどだと思います^^;

だんだんと薄れつつある日本古来の風習ですが、
ぜひ後世に伝えていきたいですね^^

 

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

立春に縁起をかつぐ!財布の使い始めに良い日?するといいこととは?
春分の日と秋分の日は祝日なのに夏至と冬至はなぜ平日?
冬至のかぼちゃ料理の作り方、いとこ煮・おしるこ・かぼちゃのそぼろ煮
夏至の食べ物って何がある?関東・関西その他各地の食事の習慣
立夏とは?意味と由来、2015年はいつ?食べ物と行事、二十四節気
清明とは?意味と読み方、2015年の日にち、二十四節気と食べ物
うなぎのタレが余った時の活用法!簡単豚肉・鶏肉料理の作り方
霜降とは?意味と読み方、日付と行事・食べ物、二十四節気
大寒とは 2015年はいつ?意味とことわざ 小寒・立春との関係は?
処暑とは?意味と2015年の日にち、食べ物・行事と二十四節気
小雪とは?意味と由来、日付と行事・食べ物、二十四節気
うなぎのたれの余りを利用して簡単アレンジご飯ものレシピ
秋分の日を子供に説明しよう!意味や由来を解りやすく説明します!
大暑とは?2015年はいつ?意味と由来、食べ物・行事・二十四節気
恵方はどうやって決まる?今年(2015年)の方角と恵方が簡単にわかる方法

Menu

HOME

TOP