バレンタインデーになぜチョコを贈る?日本だけ?意味と発祥はいつ?

現在の日本のバレンタインデーは
女性から男性へ、という枠を超えて

友達同士や会社の同僚・上司など
チョコレートのプレゼント合戦
のようになっていますが、

そもそも、なぜチョコを贈るように
なったんでしょうか?

スポンサードリンク

 

日本のバレンタインの発祥と起源

日本におけるバレンタインデーの発祥は、第二次世界大戦前、
外国人によってもたらされた、といわれています。

戦後、製菓業界や流通業界によって販促活動が行われましたが、
当時の日本社会に浸透・定着するには至りませんでした。

その後、業界が根気よく活動を続けた結果、ようやく
1970年代後半になって普及するようになりました。

製菓業界が関わっていたことで、チョコレートを渡す、
という日本独自の形になったわけです。

外国でも2月14日は”恋人たちの愛の誓いの日”として
様々なイベントがあるようですが、

女性から男性へと限ったわけではなく、ましてや
チョコレートに限定されているものでもありません。

恋人同士や家族、友達など親しい人へ感謝の意味を込めて
カードや花束など、男女の区別なく贈られています。

日本でバレンタインデーにチョコレートを贈るのは、
製菓業界の販促イベントの賜物だったんですね~^^;

また、最近では、チョコレートはメインのプレゼント
への添え物、という人も多くなってきていますね^^

 

バレンタインデー・チョコレートの発祥と起源

d9e55a66ea7590a052dc429b34403144_s-1

スポンサードリンク

バレンタインデーにチョコレート、という形式は、
製菓業界が関わっていたからなんですが、
その起源はどこの会社だったんでしょうか?

・神戸モロゾフ製菓(現モロゾフ)が起源
バレンタインデーにチョコレートを贈る、という広告を
最初に出したのが神戸モロゾフ製菓だったことから
モロゾフが起源といわれている説。

1936年にモロゾフが出した広告が、現在確認されている
”バレンタインデーにチョコ”の最古の広告です。

・メリーチョコレートカムパニーが起源
1958年に伊勢丹で”バレンタインセール”を行ったことから
メリーチョコレートカムパニーが起源とする説。

・森永製菓が起源
1960年から”愛する人にチョコレートを贈ろう”という
新聞広告を出し、伊勢丹でバレンタインフェアを開催したのが
普及のきっかけになった、という説。

・ソニープラザが起源
1968年に、バレンタインデーにチョコレートを贈ることを
定着させようと試みたことで、ソニー創業者の盛田氏が
「うちが起源」といっている、という説。

など・・・諸説あるようですが^^;

どれも自分たちが起源であると言い張っている、という域を
超えていないような感じですね^^;

 

まとめ

バレンタインデーのチョコレートといい、節分の恵方巻きといい、
お祭り騒ぎが好きな日本人の気性を捉えた業界の戦略に
見事なまでに乗せられた結果ですよね~

日本人の、お祭り好きで明るい気質は良いと思うんですが・・・

すぐに振り回され過ぎになってしまうのが
玉にキズですね・・・^^;

 

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP