生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

花火大会

PL花火大会2019年の日程と時間 打ち上げ数は何発?場所とアクセス

投稿日:

大阪の夏の風物詩の一つとして、
PL花火大会がありますよね!
 

毎年楽しみにしている方も
多いと思います。
 

そこで、今年・2019年の
PL花火の日程と時間、

打ち上げ数や
アクセスについてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

PL花火大会2019年の日程と打ち上げ時間は?


 

PL花火大会は、正式名称を
”教祖祭PL花火芸術”といいます。

 

PL(パーフェクト・リバティー)教団が、
教祖の遺徳をたたえ、

世界平和を祈願して行われる祭典で、
 

日にちは毎年”8月1日”と決められています。

 

よって、今年・2019年は8月1日(木)の開催予定です。

 

打ち上げ時間は20:00~20:40ごろの予定です。

 

雨天決行ですが、

あまりにも荒天の場合は
中止になるかも知れませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

PL花火大会の打ち上げ数は何発?


 

打ち上げ数は約2万~2万5千発
といわれています。

 

花火の発数の数え方を
他の大会と揃えたため、

以前は10~12万発、
と言われていましたが、
 

決してしょぼくなったわけでは
ないんですよ!

 

花火の中で、1つ打ち上げて、
上で10個ぐらいに開くものがありますよね?
 

あの手の花火を1発と数えるか、
10発と数えるか、ということなんです。

 

他の大会は前者の数え方で、PLは後者、
それを統一した、ということです。

 

打ち上げ数2万発、というのは
間違いなく最大級の大会で、迫力満点ですよ!

 

そして、最大の見どころといわれていた、

フィナーレを飾る”ナイアガラの滝”という
仕掛け花火が名物だったんですが、

それは無くなってしまったようで、
残念です・・・

 

しかし、ナイアガラは無くなったとはいえ、

数千発の花火が一度に打ち上げられる
フィナーレは圧巻です!

 

 

PL花火の打ち上げ場所とアクセス

PL花火芸術の打ち上げ場所は、
富田林市にある光丘カントリー倶楽部近く、

PL教団の敷地内です。


 

最寄り駅は近鉄長野線・富田林駅ですが、
滅茶苦茶混雑するので

できれば避けたほうが良いと思います。

 

次いで近いのが南海高野線・大阪狭山市駅
金剛駅です。

 

混雑具合は狭山市駅より金剛駅のほうが
比較的穏やかです。

 

おすすめの観賞場所については
こちらの記事をご参照ください。
   ↓    ↓
PL花火がよく見える場所 おすすめのビューポイントは?

 

まとめ

関西最大級のPL花火大会は、
観客数も大変多く、

会場周辺は大混雑します。
 

特に、帰りの交通機関の混雑ぶりは
ハンパないので、

くれぐれもお気を付けて、
鑑賞してきてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

-花火大会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

淀川花火大会が見えるホテル 2019年 おすすめ5選

花火は見たいけれど、 帰りの大混雑が・・・   結局、行きたいけれど 二の足を踏んでしまう人が 多いと思います。   そこで、淀川花火大会が見えるホテルを ご紹介します。 &nbs …

みなとこうべ海上花火大会2019年の日程と打ち上げ時間・屋台・アクセス

毎年、港町神戸で開催される、 みなとこうべ海上花火大会 2019年の情報です。   日程と打ち上げ時間、 観賞場所別の最寄り駅 などもご紹介しています。     スポンサ …

琵琶湖花火大会の周辺ホテル 安い予算で泊まりで鑑賞!

琵琶湖花火大会を 思いっきり楽しんだ後は・・・ 帰りの大混雑にうんざり(><)   これではせっかく楽しかった 花火の思い出も 台無しになりかねません。   かといって、 ホテルで …

琵琶湖花火大会のおすすめスポット!穴場の観覧場所をご紹介します!

びわ湖大花火大会の 会場周辺はものすごく混むので、 少しでも混雑が少ないところで 花火が見たい!   という方へ、おすすめの穴場スポットを ご紹介します。   穴場といっても、 そ …

伊丹花火大会2019最新情報 日程・開始時間など開催情報をお届け!

伊丹花火大会 2019年の最新情報です。   日程や開始時間、 今年のテーマや屋台情報、 アクセス(最寄り駅)情報も 合わせてお届けします!     スポンサーリンク

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー