生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

花火大会

びわ湖大花火大会のおすすめスポット!穴場の観覧場所をご紹介します!

投稿日:2015年5月26日 更新日:

びわ湖大花火大会の会場周辺はものすごく混むので、
少しでも混雑が少ないところで花火が見たい!

という方へ、おすすめの穴場スポットを
ご紹介します。

穴場といっても、それなりに有名なので、
全く混まないというわけにはいきませんが、
少しはゆっくりとみられると思います。

びわ湖大花火大会2015年の日程や時間については
こちらの記事をご参照ください。
    ↓     ↓
びわ湖大花火大会2015年の日程・時間と場所、今年のテーマは?

スポンサーリンク

 
 

びわ湖大花火大会のおすすめスポット、穴場の観覧場所

びわこ競艇場

びわこ競艇場から見たびわ湖大花火大会

普段は入場料が要りますが、びわ湖大花火大会開催日は
特別にスタンドを無料開放してくれます。

売店もたくさんあって、トイレの心配もないので、
ゆっくり花火を楽しむことができます。

穴場というか・・・ここは結構有名なので、
それなりに混雑しますが・・・

打ち上げ場所のすぐ近くなので、迫力満点の
花火が楽しめますよ!

 
 

矢橋帰帆島(やばせきはんとう)

矢橋帰帆島から見たびわ湖大花火大会

打ち上げ場所の対岸にあたり、
車で行くには良いところです。

矢橋帰帆島内にある駐車場に車を止めて
湖岸まで歩く人が多いです。

帰りは京滋バイパスを使うと、
比較的すんなり帰れると思います。

ただ、ここも穴場としてよく紹介されているので、
周辺に交通規制がかかるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

比叡山ドライブウェイ夢見が丘展望台

比叡山ドライブウェイ夢見が丘駐車場から見たびわ湖大花火大会

有料道路且つ駐車場料金別途(1台 5,000円)と、
お金はかかりますが、
夜景とともに花火が楽しめるお得なスポットです。

夕方ごろから混み始めるので、早めに場所を
確保するようにしてください。

 
 

皇子が丘公園テニスコート付近

駐車場があるので、車でも行けますが、
夕方頃には込み始めるので、早めの場所取りを!

湖面の花火は見えませんが、高く上がる花火は
問題なく鑑賞できます。
 
 

まとめ

花火大会会場周辺の駐車場は全て閉鎖されるので、
会場周辺で見るなら公共交通機関を利用してください。

矢橋帰帆島や比叡山ドライブウェイなどは車のほうが
便利ですが、帰りは本当に混雑がひどいので、
早めに帰路についたほうが無難だと思います。

怪我や事故などに気を付けて、
思いっきり花火を楽しんできてくださいね!

もっとゆったり花火を鑑賞したい方は
こちらの記事をご参照ください。
    ↓     ↓
びわ湖大花火大会の後の宿泊施設 低予算で泊まれるホテル

スポンサーリンク

-花火大会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

伊丹花火大会2017最新情報 日程・開始時間など開催情報をお届け!

伊丹花火大会(2017年)の最新情報です。 スポンサーリンク 日程や開始時間、今年のテーマや屋台情報も合わせて お届けします^^ スポンサーリンク

びわ湖大花火大会の後の宿泊施設 低予算で泊まれるホテル

びわ湖大花火大会を思いっきり楽しんだ後は・・・ 帰りの大混雑にうんざり(><) これではせっかく楽しかった花火の思い出も 台無しになりかねません。 かといって、ホテルでの鑑賞・宿泊プランは 高すぎて手 …

伊勢神宮奉納全国花火大会2015年の時間と場所、アクセスについて

伊勢神宮奉納全国花火大会の今年(2015年)の 開催日程や時間、アクセスについてまとめました。 全国選りすぐりの花火師の方々の競技大会で、 毎年ハイレベルの花火が見られるので、 とても人気が高い大会で …

淀川花火大会が見えるホテル 2015年のプランが早くも登場!

花火は見たいけれど、 帰りの大混雑が・・・ 結局、行きたいけれど 二の足を踏んでしまう人が 多いと思います。 そこで、淀川花火大会が見えるホテルを ご紹介します。 今年は50~60万人が押し寄せる大混 …

びわ湖大花火大会2015年の日程・時間と場所、今年のテーマは?

びわ湖大花火大会2015年の日程が 発表されましたね! 今年はいつなんでしょうか? そして、毎年変わるテーマは? など、2015年のびわ湖大花火大会について まとめました。 スポンサーリンク

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー