生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

天体ショー

こぐま座流星群2015年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ

投稿日:2015年11月1日 更新日:

こぐま座流星群とは
どんな流星群なんでしょうか?
 

今年(2015年)のピーク(極大)の時間帯は?

どの方角が良く見える?

輻射点(放射点)の見つけ方は?

など、こぐま座流星群について
まとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

こぐま座流星群2015年の時間帯と方角は?

 

こぐま座流星群の輻射点(放射点)は、
β星:コカブの近く。

 

方角というか、ほぼ天頂に位置するので、

放射点を観測するなら
上を向いていれば大丈夫です^^
 

それに、流星群は全天に流れるのが特徴なので、
輻射点を観測するのでなければ、
方角はあまり気にしなくてもいいと思います。

 

 

こぐま座流星群2015年のピーク(極大)の日にちと見ごろ

プリント
 

極大日(ピーク)は12月23日なんですが、
極大の時間帯が午前11時と、真昼間です^^;
 

また、極大日になっても出現数があまり伸びない時
突如として突発出現を見せることもあるという、
大変気まぐれな流星群です^^;
 

月齢は12で、満月前とあって、
2015年の観測条件は良くないですね・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

こぐま座流星群とは?

こぐま座はポラリス(北極星)を含む星座として
有名ですね^^
 

見つけ方は、おおぐま座の北斗七星の柄杓の先の
2つの星の距離を約5倍に伸ばしたところ、

あるいはカシオペア座からも見つけることができます。
  ↓       ↓
下図参照 クリックすると拡大します
こぐま座流星群

 

母天体(母彗星)はタットル彗星。
 

出現期間は12月17日から26日ごろで、
通常はあまり目立った活動はないようですが

突発出現もあるようなので、
今年(2015年)はどうなるでしょうか?

 

 

こぐま座の神話はおおぐま座と一対になっています。

大神ゼウスが精霊カリストとの間にアルカスという
男の子をもうけ、ゼウスの妻・女神ヘラが激怒し、
カリストを熊に変えてしまいました。
 

やがて、成長したアルカスが狩りの時に熊に向かって
矢を引きますが、その熊こそが変身させられた母である
カリストです。
 

ゼウスは驚いて、矢が刺さる寸前に2人を天に上げ
星座にしました。
 

母親カリストがおおぐま座で息子アルカスである
こぐま座を慕うかのように、周りをまわっている、
と言われています。

 

 

まとめ

今年の天体ショーのラストを飾る
こぐま座流星群。
 

年によって大出現があるものの、例年、
ほとんど目立った活動はないようですね^^;
 

でも、大出現の時に出くわすと、
かなり感動するんでしょうね^^

 

 

スポンサーリンク

-天体ショー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ウィルタネン彗星が2018年12月に地球に最接近

ウィルタネン彗星って、 あまり聞きなれないかもしれませんが、 今年の12月16日に、 地球に最接近します。 ウィルタネン彗星とはどんな彗星か どのくらい近づくのか いつ、どの方角を見れば観測できるか …

おうし座流星群とは?特徴と母天体(母彗星) 地球衝突の危険って!?

おうし座流星群とは、 どんな流星群なんでしょうか? 三大流星群のように有名ではないですが、 地球衝突の危険性が 今ちょっと話題になっているんです。 おうし座流星群とは何か、 その特徴をまとめました。 …

かみのけ座流星群2018年のピーク(極大)時間と放射点の方角

かみのけ座流星群2018年の情報です。 今年のピークはいつか その時の放射点の方角は? 活動期間はいつ? 何個見える? など、かみのけ座流星群について まとめました。   スポンサーリンク

やぎ座流星群 2018の方角は?ピークと見頃はいつ?

やぎ座α(アルファ)流星群の 今年・2018年の情報です。   今年のやぎ座流星群の方角はどのあたりか、 ピーク(極大日)や見頃、活動期間、 母天体や特徴など、   やぎ座流星群に …

ペルセウス座流星群を自由研究に 中学生向けのまとめ方 例

夏休みの自由研究を、 何にしようか迷ったら、 ペルセウス座流星群の観測を してみませんか? ちょうど夏休み期間中に観測できるので、 自由研究のテーマには もってこいだと思います! この記事では、中学生 …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー