生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

健康・美容・ダイエット

アーモンドオイルとは?効果・効能 スイートアーモンドオイルとの違いと選び方

投稿日:2018年6月28日 更新日:

アーモンドオイルが美容・健康面で
注目されていますね!

読んで字のごとく、
アーモンドから絞ったオイル
のことですが、
素晴らしい効果・効能があるんですよ!

今回は、アーモンドオイルについて、
詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 
 

アーモンドオイルとは?効果・効能


アーモンドオイルとは、
アーモンドの種子から抽出したオイル
のことなんですが、
この効果・効能がすごいんです!

それでは、詳しく見ていきましょう^^

 

ビタミンE

アーモンドといえばビタミンE含有量が
高いことで有名ですよね!

ビタミンEは抗酸化作用が高く、
アンチエイジング効果が期待できる栄養素です。

”若返りのビタミン”とも呼ばれていますね^^

活性酸素を除去することで、美容・健康面へ
優れた効果を発揮します。

 

ビタミンB2

アーモンドにはビタミンB2も多く含まれています。

ビタミンB2には皮膚や粘膜を
正常に保つ働きがあるので、

不足すると口内炎や肌荒れになりやすく、
治りにくくなります。

また、エネルギー代謝を支えるビタミンなので、
ダイエットにも欠かせない栄養素です。

 

その他、カルシウムやマグネシウムなどの
ミネラル類や多くの栄養素が含まれているので
詳しくは以下の記事をご覧ください。
     ↓     ↓

アーモンド 生とローストでは栄養成分は違う?カロリーと摂取量 1日何粒?

 

アーモンドオイルは味にクセがないので、
様々な料理にも使うことができます。

熱に強く、酸化しにくいので
とても扱いやすく、料理の幅も広がります。

また、アーモンド特有の甘い香りがあるので
お菓子作りには良いアクセントになってくれます。

 

食用だけではなく、
外側からのケアにも使うことができます。

髪や肌へのマッサージに使ったり、
スキンケアの工程にとり入れて使うこともできます。

 

アーモンドオイルの使い方について、
詳しくは以下の記事をご覧ください。
     ↓     ↓

アーモンドオイルの使い方 髪・顔・肌への効果的な順番

 
 

アーモンドオイルとスイートアーモンドオイルの違いって?


表記を見ると、
”スイートアーモンドオイル”と書いてあるのと
ただ”アーモンドオイル”としか
書かれていないものとがありますよね。

両者に何か違いはあるんでしょうか?

 

アーモンドにはスイート種とビター種があり、
一般的に食用や化粧品として使われているのは
スイート種の方です。

 

ビター種のほうは咳止め薬や、エッセンスオイルの
原料になります。

エッセンスオイルは、
杏仁(あんずの種子の中の仁)の香りに良く似ているため、
杏仁豆腐の香り付けによく使われています。
 

ビターアーモンドの苦み成分は
”アミグダリン”という青酸化合物によるもので、
一定量以上摂取すると有害です。

なので、食品や化粧品として
市場に出回ることはありません。

薬やエッセンスオイルにするときには
ちゃんと毒性を除去してますので、ご安心を^^

 

結論

店頭で見かける

”アーモンドオイル”と”スイートアーモンドオイル”は

中身に違いはありません!

表記が違うだけです。

 

スポンサーリンク

 

アーモンドオイルはオーガニック&コールドプレスのものを!

さて、アーモンドオイルは美容・健康に
とても効果が高いことがわかりましたが、
どうせなら良いものを買いたいですよね!

そこで、アーモンドオイルを選ぶ際の
注意点をご説明します。

 

・低温圧搾(コールドプレス)製法のもの

コールドプレスとは、材料に熱をかけずに
オイルを圧搾する方法です。

高温圧搾製法に比べて時間と手間がかかり、
採油率が悪いので値段も高くなります。

なので、あまりにも安いものは
高温圧搾や薬品を使った溶剤抽出法で
造られている可能性があります。

 

・オーガニックのもの

オーガニックとは、
有機栽培や有機農法という意味ですが、

ただ単に農薬や化学肥料を使っていない、
というだけでなく、
遺伝子組み換えでない、というのも含まれます。

なので、より体に良いものだ、と思ってください^^

 

・未精製のもの

精製過程で多くの栄養成分が
失われてしまいます。

なので、アーモンドオイル本来の効果・効能が
少なくなってしまっています。

その上、精製過程で化学溶剤などを使用していた場合、
それが残留している場合もあります。

有効成分が少ないばかりか
余計なものが入っているかもしれない、
なんて、ありがた迷惑な話ですね^^;

 

そして、透明でない容器に入っているものを
選ぶようにして下さい。

アーモンドオイルは酸化に強い方ですが、
光や熱は加えないに越したことはありません。

なので、それらをある程度ブロックしてくれる
黒や茶色など色付きの容器に入ったものを
選んでください。

 

アーモンドの花と桜の違い 見分け方は?育て方と剪定方法について

アーモンドオイルの使い方 髪・顔・肌への効果的な順番

アーモンド・カシューナッツ・くるみの栄養はどれが1番?

 
 

まとめ

アーモンドオイルは食用にも外用にも
利用できて、内側と外側と両方から
健康になれる嬉しいオイルですね!

ぜひ、毎日の暮らしに採り入れて、
美容や健康向上のために役立ててくださいね!

スポンサーリンク

-健康・美容・ダイエット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

便秘を解消する食べ物 チアシードの効果は?ドライいちじくは?

便秘、辛いですよね・・・ 早く解消したいけど、 薬はクセになりやすいし、 副作用が心配なので頼りたくない。 できれば食べ物で便秘解消できれば・・・ 便秘に効く食べ物はいろいろ試したんだけど、 どれもい …

アーモンドプードルとアーモンドパウダーの違い カロリーと栄養成分

お菓子作りでよく使われるアーモンドプードル。 アーモンドパウダーとは 何か違いがあるんでしょうか? 今回は、 アーモンドプードルとは何か、 アーモンドプードルとアーモンドパウダーの違い カロリーはどの …

アサイーとは 何に効く?なぜ人気?栄養と効果・効能を徹底分析

アサイーって、美容・健康効果が高い スーパーフードとして人気ですが、 具体的に何に効くんでしょうか? アサイーの栄養と効果・効能、 どんな味がするのか、 摂取するタイミングや 一日摂取量はどのくらいか …

アーモンド 生とローストでは栄養成分は違う?カロリーと摂取量 1日何粒?

アーモンドは健康効果が高いことで 注目されていますが、 生のアーモンドとロースト(加熱) したものとでは、 栄養成分に 違いがあるんでしょうか?   アーモンドのカロリーと、 1日の摂取量は …

アサイーの鉄分について 貧血予防には効果的?危険性と注意点

大人気のスーパーフードアサイーには、 鉄分がたくさん含まれています。 アサイーの鉄分は 貧血予防に効果的なのか、 アサイーの危険性や 注意点についてなど、 アサイーの栄養素・鉄分について まとめました …