生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

スーパーフード

ギー油とは? 効能・効果と栄養成分 ダイエットと1日の摂取量

投稿日:2017年7月20日 更新日:

ギーという油が最近話題ですね!
 

ギーとは何か

どんな効果・効能があるのか

ギーに含まれる栄養成分や
ダイエット効果、

1日の摂取量はどのくらいか、

など、
ギーについてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ギー油とは?


 

ギーとは、南アジア(主にインド)で
古くから作られ、用いられている

バターオイルの一種です。

 

発酵無塩バターを煮詰めて、

タンパク質などの不純物を
取り除いて作ります。

 

バターからタンパク質や水分などが取り除かれた
純粋な乳脂肪分なので、腐りにくく、

常温でも長期保存が可能になります。

 

アーユルヴェーダ(インド大陸発祥の伝統医療)では

”最も優れたオイル”といわれています。

 

 

ギーの効能・効果 栄養成分は?


 

アーユルヴェーダにおいて、

”最も優れたオイル”

といわれているギーですが、

具体的にはどんな効能・効果があるのか、
その一例を挙げていきたいと思います。

 

 

・不眠症改善
 

ギーには、イライラを鎮め、
心を落ち着かせる作用があります。
 

寝る前に、ホットミルクに
ティースプーン1杯ほど溶かして飲むと
リラックスでき、不眠症の改善に効果的です。

 

 

・便秘症改善
 

ギーは、腸内の悪玉菌を抑制し、
善玉菌を活性化してくれる作用があります。
 

また、油なので腸に潤いを与えてくれる、
という点でも便秘症の改善に期待できます。
 

トーストに塗ったり、料理に利用したり、

ホットミルクやコーヒーに混ぜて
飲むのもいいですね!

 

 

・デトックス効果
 

便通を改善するので、
デトックス効果が期待できます。
 

また、空腹時に、白湯にギーを
ティースプーン1杯ほど溶かし、

ゆっくり飲むと、体の消化管や血管、
リンパ管などにギーが浸透します。
 

その結果、こびりついた毒素が
はがれやすくなり、

体外への排出が促進され、
デトックス効果が期待できます。

 

 

・免疫力の向上とアンチエイジング効果
 

ギーには”抗酸化ビタミン”と呼ばれる、
ビタミンAビタミンEが多く含まれていて、

免疫力をUPしてくれます。
 

また、酪酸(ブチル酸)も多く含まれていて、

これは、腸内環境を改善する作用があり、
T細胞(免疫機能の司令塔)活性化に寄与します。
 

また、ビタミンA・Eの抗酸化作用により、
活性酸素が除去されるので、

アンチエイジング効果も期待できます。

 

 

・消化を促す
 

一般的に、油脂類は消化されにくく、
胃に溜まりやすいですが、

ギーは、胃酸の分泌を促進
(脂肪分解酵素を活性化させる)
するので、消化を促す作用があります。

 

 

・炎症を抑える
 

ギーには消炎・鎮痛作用や解毒作用があり、
体の様々な炎症を抑えてくれます。
 

傷や肌荒れなどに塗るのも効果的です。

 

 

それでは、女性が一番気になる
ギーのダイエット効果について、

次の章でみていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ギーのダイエット効果と1日の摂取量


 

・ギーのダイエット効果

 

ギーには、ダイエット効果が期待されている
中鎖脂肪酸共益リノール酸が多く含まれています。

 

中鎖脂肪酸は体内に入った後、
素早く分解され、

エネルギーとして燃焼しやすく、
体に溜まりにくい、

という性質を持っています。

 

共益リノール酸は、
脂肪の蓄積をブロックし、

エネルギーに変える酵素の働きを
活性化させます。

 

ただし、ギーを食生活にプラスしただけで痩せる、
ということではありませんのでご注意ください!

 

これまでの食生活や生活習慣を変えずに
ギーを食べていると、

当然エネルギーオーバーになり
逆効果です。

 

ダイエット効果を期待するなら、
今まで使っていた油をギーに置き換えるか、

ギーのカロリー分、摂取カロリーを制限する、
ということが重要になってきます。

 

ギーのカロリーは 1gで約9Kcal
一般的な油脂類と同等です。

 

なので、食事制限をしないなら、
1日の摂取量は大さじ1~2杯程度
に留めたほうが良いと思います。
 

※大さじ1杯は15cc(ml)=12.5g、約110Kcal

 

また、せっかく体に蓄積した脂肪を分解して、
エネルギーとして消費しやすくしてくれても、

使われなければ代謝されません。

 

なので、脂肪燃焼効果を期待するなら、
普段より少し体を動かすことを
意識してみてはいかがでしょうか^^

 

 

まとめ

 

ギーじゃなくても、
他のオイルでも代用できる
成分もありますが、
 

それでもギーをおすすめする理由は、

体内に”燃えカス(すす)”が残らない

というところです。

 

他の油では、体内で使用される際に
燃えカスのようなものが生じるのですが、

ギーは純度が高いのでそれがないのです。
 

つまり、体に余計なものを残さず
完全燃焼してくれる、という点で、

他の油とは一線を画すものだと思います^^

 

関連記事

ギーとバターの違いとは?おすすめはバターコーヒーの代用に

ギーの作り方 発酵無塩バターで簡単に!失敗しない作り方と食べ方

甘酒の効果で酒粕と米麹の違い 飲むタイミングと1日に飲む量はどのくらい?

 

 

スポンサーリンク

-スーパーフード
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ピタヤボウルのレシピ他、美味しい食べ方をご紹介します!

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)は栄養たっぷりの スーパーフードとして注目されていますが、 ”ちょっと食べにくい^^;” という方もいますね^^ そんな方へ、ピタヤを使ったレシピを ご紹介します^^ ピタヤ …

アーモンドミルクとは?カロリーと栄養成分 効果・効能について

アーモンドミルクが美容・健康効果が 高いとして注目を集めています。 ハリウッド女優やセレブの間で 少し前に大人気になって以来、 日本でもいろんなメーカーから いろんな種類のものが 販売されるようになり …

サジー(シーバックソーン)とは?栄養成分と効果・効能、オイルについて

サジー(シーバックソーン)が少し前から人気ですね! サジーとは何か?その栄養成分や、どんな効果・効能があるか など、サジー(シーバックソーン)についてまとめました。 スポンサーリンク

酒粕

甘酒の作り方 酒粕で簡単!砂糖なしでカロリーOFFレシピもご紹介!

甘酒って、作るの難しいのかな? なんて思っていたんですが、 酒粕を使った甘酒なら、 とても簡単に作れてしまうんですよ!   市販の酒粕甘酒と違い、 甘みを自分でコントロールできるところが 手 …

米麹甘酒

甘酒の作り方 米麹で簡単に!炊飯器やヨーグルトメーカーでお手軽手作り

米麹を使った甘酒が 体に良いと言われていますが、 市販の熱処理されたものだと、 酵素の効果が期待できません。   もちろん酵素以外の栄養素も 豊富なんですが、 どうせなら両方摂り入れたいです …