生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

その他

喪中はがきが間に合わない時はどうすればいい?

投稿日:

年末に不幸があり、喪中はがきが
間に合わない!という時は、
”寒中見舞い”を出しましょう。

寒中見舞いを出す時期やマナー、
文例をご紹介します。

スポンサードリンク

 

寒中見舞いとは?はがきを出す時期とマナー

寒中見舞いとは、小寒(1月5日ごろ)から立春(2月4日ごろ)
までのあいだに、先方をお見舞いする日本の慣習です。

立春以降は”余寒見舞い”となります。

ご挨拶のはがきや手紙だけではなく、お歳暮のお返しとして、
品物を贈ることもあります。

年賀状のお返しの場合は一般的には、松の内(1月1日~7日)
が明けてからすぐに出す人が多いです。

喪中はがきが間に合わなかった場合、こちらは年賀状を差し控え、
先方から受け取ったままの状態だと思います。

先方は事情が分からず心配なさっているので、
早くお知らせする意味でも、松の内明けすぐに着くように
送りたいものです。

 

寒中見舞い 喪中のときの文例 友人宛

友達など親しい人から、喪中の時に頂いた
年賀状への返礼の文例です。

 

寒中お見舞い申し上げます。・・・少し大きめに!

このたびは、ご丁寧な年頭のご挨拶をいただき、
ありがとうございました。

昨年○月○日に○○が○才にて他界し、服喪中のため、
新年のご挨拶は差し控えさせていただきました。

年始のご挨拶が遅れましたこと、どうぞお許しください。

スポンサードリンク

本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

寒い日が続きますが風邪など召されませんよう、
ご自愛くださいませ。

 

本当に親しい友人あてならもう少しくだけた
表現のほうがいいですね。

 

寒中お見舞い申し上げます。

年始状ありがとうございました。

実は昨年○月○日に○○が他界し、
年賀状が出せませんでした。

年始のご挨拶が遅れてすみませんでした。

今年もよろしくお願いします。

 

喪中のときの寒中見舞いの文例 会社宛

寒中お見舞い申し上げます。

昨年○月○日、○○が永眠し、服喪中のため、
新年のご挨拶を差し控えさせていただきました。

旧年中に賜りましたご厚情を深く感謝申し上げますと共に、
本年も変わらぬご厚誼のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

まとめ

最近では、若い人を中心に、喪中はがきの代わりに
クリスマスカードを送る人も増えているみたいですが、
これには賛否両論ありますね。

クリスマスカード=華やかなイメージ、があるので
違和感を持つ人が多いのかもしれません。

ですので、喪中はがきが間に合わなかったときは
”松の内明けの寒中見舞い”が万人に受け入れられて
良いと思います。

喪中にいただいた年賀状の返信には、”賀”などの
おめでたい意味を表す言葉は避け、”年始状”や
”ご挨拶”などの言葉を使用するようにしましょう。

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク

-その他
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

祝日と祭日の違いって?休日との違いは?日本の祝日と祭日の一覧

祝日と祭日って何か違いはあるんでしょうか? 共に休日だと、同じように思っていましたが、 2つは全く別物だったんですね^^; スポンサードリンク さらに、休日との違いは? 祝日・祭日・休日の意味と定義を …

台風情報・台風19号の進路予想は?

この間台風18号が去ったと思ったら、 もう次の19号が迫っています。 今年最強の台風、とも言われていますね・・・ このままだと、日本を直撃しそうです・・・ 九州から日本縦断するかもしれません。 以下、 …

幼稚園の入園式の服装で母親と子供は何を着ていったらいい?

幼稚園の入園式の服装は、 どういったものがふさわしいんでしょうか? 母親(父親)は何を着ていったらいいのか、 また、子供の制服がない園では何を着せたらいい? スポンサードリンク など、自分一人だけ(子 …

初詣のおみくじで凶が出た!二度引くのはいい?引いた後はどうするの?

初詣のおみくじで凶が出たら、 ちょっとショックだと感じる人も いるかもしれませんね。 でも本当に凶は悪い結果 なんでしょうか? スポンサードリンク おみくじを二度引くのはOK? 引いた後どうすればいい …

山の日が制定された理由、なぜ祝日?いつから施行?なぜ8月11日?

山の日が新たに国民の祝日なることが決まりましたが、 そもそも山の日はなぜ制定されたのか? なぜ祝日になったのか? スポンサードリンク また、8月11日になった理由、いつから施行されるのか、 など、山の …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー