夏休みの自由研究 中学生が簡単に一日でできる天体観測

夏休みの自由研究は、なるべく簡単に、
短期間で済ませたいですよね^^

そんな時におすすめなのが”天体観測”

しかも、月の満ち欠けなどのように
長期間の観測ではなく、

一日でできるおすすめのテーマを
ご紹介します^^

スポンサードリンク

夏休みの自由研究 中学生が簡単に一日でできる天体観測

プリント
夏は寒さを気にしなくて良いので天体観測がしやすい時期です。
そこで、おすすめなのが流星群の観測です^^

ちょうど、夏休み期間中に、1月の”しぶんぎ座流星群”
12月の”ふたご座流星群”とともに、”年間三大流星群”の
一つである”ペルセウス座流星群”が観測できる
んです!

ペルセウス座流星群の出現期間は7月中旬から8月下旬で、
ピーク(極大日)は、8月13日です。

なので、8月13日の前後数日間をねらって観測しましょう!
少なくとも、1時間ぐらいは観測してくださいね^^

※今年(2015年)は、8月12日の夜から8月13日の明け方
 くらいが、日本では最も観測条件が良い(出現数が多い)
 といわれています。

ペルセウス座流星群の詳細については
こちらの記事をご参照ください^^
    ↓    ↓
ペルセウス座流星群とは?どの方角で見える?ピークの時間帯は?
                                                         

ペルセウス座流星群の観測場所・準備

観測場所としてどんなところがよいのか?

・障害物が少なく、空が開けたところ

・人口の灯りが少ないところ

・空気が澄んでいるところ

市街地のネオンは天体観測をするには明るすぎます。
なので、できれば空気が澄んだ山の上で
空が開けたところが良いです。
                                                         
ペルセウス座流星群が良く見える場所・
おすすめ観測スポットはこちらの記事で紹介しています^^
    ↓    ↓
ペルセウス座流星群の観測 関西のおすすめスポット

ペルセウス座流星群の観測スポット 関東のおすすめ
                                                         
このような場所がベストですが、それが無理なようなら、
なるべく障害物や灯りの少ないところを探してみてください。

また、観測は深夜に及ぶので、絶対に大人の人に
付き添ってもらってくださいね!

そして、事故や事件などに巻き込まれないように、
くれぐれも安全第一で!!

                                                         
準備するものは・・・

スポンサードリンク

暑い季節ですが、夜中に長時間外にいれば
肌寒くなるかもしれませんので、
薄手の羽織ものがあると便利です^^
133907-1
あとは、懐中電灯筆記用具観測記録ノート
方角がわからなくなりそうなら方位磁石もあったほうが
いいですね。

寝転んだり座って観測する場合は厚手のレジャーシート
星座早見盤虫よけスプレーなども必須です。

お腹が空いた時用に、軽食やお菓子を用意しておくと
良いかもしれません。
(ゴミは必ず持って帰ってくださいね!)

そして、深夜なので騒いだりして、
周りに迷惑を掛けないように気をくけてくださいね^^

                                                         

夏休みの自由研究 まとめ方

133853-1
さて、どのようにレポートを書けばよいか、ですが、

・この課題を選んだ理由

なぜペルセウス座流星群の観察をしようと思ったのか
どういうところに興味があったのか  など
                                                         
・ペルセウス座流星群の何を観察したのか
(例)
 ・1時間に何個の流星を確認できたか
 ・どの方角に流れて行ったか
 ・火球など特に明るい流星は観測できたか
 ・周りにはどんな星座が見られたか
                   など

流星の個数はグラフにしてみても良いかもしれませんね^^
                                                         
・この観測を終えて思ったこと
 感想や発見したこと、気づいたことなど

疑問に思ったことや、これからもっと勉強していきたい
ことなどがあれば、それらも書いてみてもいいですね!
                                                         
これらの項目をレポート用紙や模造紙などに
書いていけばよいと思います^^

流星や周りの星座の絵を描いて、図で表すと
わかりやすくていいですよ!
                                                         

まとめ

流星はほぼ全天にまんべんなく流れるので、
基本はどの方角を見ていても構いませんが、

放射点を観測するなら北東付近が良く見えるところで
観測するのがいいですよ^^

ペルセウス座流星群の詳細については
こちらの記事をご参照ください^^
    ↓    ↓
ペルセウス座流星群とは?どの方角で見える?ピークの時間帯は?

よい自由研究レポートができるといいですね^^

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

西宮えびす祭り何時まで?イベントの開門神事その他の情報
保育園の入園式の服装で親と子供は何を着たらいい?
おみくじの意味一覧と用語の正しい読み方、運勢の種類と順番は?
猫にとって危険な食べ物・植物etc.まとめ
喪中はがきが間に合わない時はどうすればいい?
祝日と祭日の違いって?休日との違いは?日本の祝日と祭日の一覧
花粉症対策飲料・症状を和らげるビタミンや栄養素が入った飲み物
初詣のおみくじで凶が出た!二度引くのはいい?引いた後はどうするの?
喪中の年末年始の過ごし方・やるべきことと控えること
お歳暮のベーコンレシピ・簡単料理の作り方
noimage

運営者情報

花粉症の症状 風邪との違い、見分け方と対処方法について
花粉症の症状を緩和する食べ物 必要なビタミンと栄養で症状を和らげる
幼稚園の入園式の服装で母親と子供は何を着ていったらいい?
クリスマスパーティー・スイーツレシピ・簡単デザートの作り方

Menu

HOME

TOP