はくちょう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯

はくちょう座流星群とは
どのような流星群でしょうか?

今年(2015年)のピーク(極大)の時間帯は?
どの方角が良く見える? など、
はくちょう座流星群についてまとめました。

スポンサードリンク

はくちょう座流星群とは?

c2ede770eb424cd35a79b68232cc6d29_s-1
はくちょう座流星群は、正確には
”はくちょう座κ(カッパ)流星群”といいます。

8月3日~25日頃に観測される流星群で、
お盆を過ぎたあたりからが見頃です。

ちょうどペルセウス座流星群と同じ時期ですね^^

はくちょう座のデネブは、こと座のベガ・
わし座のアルタイルと共に、”夏の大三角”
といわれる三角形を夏の夜空に描きます。

はくちょう座には1等星のデネブの他にγ星・ε星
という2つの2等星があります。
                                                          
はくちょう座の神話は、大神ゼウスがスパルタ国の
王妃レダに会いに行くために白鳥に変身しました。
恋を成就させ、白鳥が去った後、
レダはポルックスとカストールという双子を産みました。

カストールとポルックにまつわる神話は
こちらの記事をご参照ください^^
    ↓     ↓
ふたご座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?
                                                          
その時の白鳥の姿が星座になった、という説と、

太陽神アポロンの息子パエトンが落命後、
エリダヌス川に落ち、その亡骸を親友であるキュグナスが
探し続けて白鳥に変身した、という説もあります。
                                                          

はくちょう座流星群2015年の方角は?

はくちょう座流星群←-クリックで拡大します
南の方角の、夏の大三角を目印にしてください。
その一つがはくちょう座の”デネブ”なので、
その少し北側が輻射点(放射点)です。

でも、流星群は全天に流れるのが特徴なので、
輻射点を観測するのでなければ、
方角はあまり気にしなくてもいいと思います。

スポンサードリンク

                                                          

はくちょう座流星群2015年のピーク(極大)と時間帯

8月18日に極大(ピーク)を迎え、
日没後~午前2時ごろまでが最も見やすい時間帯です。

ゆっくりと流れ、末端で爆発することの多い流星群で、
比較的わかりやすいんですが、
1時間で数個程度と出現数は少ないです^^;
                                                          
2015年は極大日の月齢が4と、月明かりの影響が少なく
観測条件としては最良です^^
                                                          

まとめ

輻射点がりゅう座の境界付近なので、昔は
りゅう座流星群と間違われていたこともあったそうです^^;

今年(2015年)は観測条件も良さそうなので、
ぜひ、観測してみてください^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ペルセウス座流星群の観測スポット 関西ではここがおすすめ!
やぎ座流星群 2015年の方角とピーク(極大日)はいつ?
ふたご座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?
オリオン座流星群のピークの時間帯2015 輻射点(放射点)と見える方角
おうし座流星群2015年の極大時間と方角 ピークはいつ?
こと座流星群2016年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
みずがめ座流星群 2015 ピーク(極大)と方角 時間帯は?
獅子座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?
りゅう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯
ペルセウス座流星群とは?どの方角で見える?ピークの時間帯は?
皆既月食はなぜ赤い?理由と仕組み 日本の日程と方角・時間
しぶんぎ座流星群2016年 特徴と方角 極大日(ピーク)と時間帯
こぐま座流星群2015年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
ペルセウス座流星群の観測スポット 関東ではここがおすすめ!

Menu

HOME

TOP