ふたご座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?

ふたご座流星群とは
どんな流星群なんでしょうか?

今年(2015年)のピーク(極大)の時間帯は?
どの方角が良く見える?
輻射点(放射点)の見つけ方は? など、
ふたご座流星群についてまとめました。

スポンサードリンク

ふたご座流星群2015年の時間と方角は?


日本では、輻射点(放射点)は、α星(カストル)付近で、
午前1時~3時頃、ほぼ天頂を通過します。

でも、流星群は全天に流れるのが特徴なので、
輻射点を観測するのでなければ、
方角はあまり気にしなくてもいいと思います。
                                                          

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群←-クリックで拡大します
ふたご座流星群は、三大流星群の一つで、
一晩あたりに見られる流星の数においては
年間最大
の流星群です。

1時間当たりの流星数は40~60個!
多い時には100個に達するときもあるんだそうです^^

放射点がふたご座α星付近なので、
”ふたご座α流星群”とも呼ばれています。

出現期間は12月5日頃から20日ごろで、例年12月14日
ごろが極大
です。

母彗星(母天体)は、小惑星ファエトン(元彗星)です。

毎年当たりはずれがあまりなく、安定した活動を
見せてくれる流星群です。

スポンサードリンク

                                                          
ふたご座の神話は、ゼウスとスパルタ王妃レダとの間に
生まれた双子、ポルックスとカストールにまつわる物語です。

ゼウスとレダにまつわる神話は
こちらの記事をご参照ください^^
    ↓     ↓
はくちょう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯

ポルックスとカストールはとても仲の良い兄弟で、
あるとき従兄弟(こちらも双子)と争いになり、
カストールは落命。

嘆き悲しむポルックスを哀れに思い、父であるゼウスが
2人を天に上げ、星座にした、と言われています。
                                                          

ふたご座流星群2015年のピーク(極大)と時間帯

011383-1
ふたご座流星群の2015年の観測条件は、
ここ数年で最高の条件です!

極大日(ピーク)は12月15日、時間は午前3時、
月齢は3で、月明かりの影響も少なく最高です^^

ピークを過ぎると急激に数が減るので、
14日・15日、両日の日没から明け方が狙い目です。

2000年ごろから明るい流星や火球も出現する
ようになり、出現数の多さもあって、
かなりの見ごたえが期待できると思います^^
                                                          

まとめ

年による数の変動が少なく、安定した出現数、
というのがうれしい特徴ですね^^

最近は火球も出現するようになってきたので
今年のふたご座流星群にも期待がかかります^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ペルセウス座流星群の観測スポット 関西ではここがおすすめ!
ペルセウス座流星群とは?どの方角で見える?ピークの時間帯は?
こぐま座流星群2015年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
オリオン座流星群のピークの時間帯2015 輻射点(放射点)と見える方角
はくちょう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯
しぶんぎ座流星群2016年 特徴と方角 極大日(ピーク)と時間帯
りゅう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯
おうし座流星群2015年の極大時間と方角 ピークはいつ?
こと座流星群2016年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
ペルセウス座流星群の観測スポット 関東ではここがおすすめ!
獅子座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?
やぎ座流星群 2015年の方角とピーク(極大日)はいつ?
皆既月食はなぜ赤い?理由と仕組み 日本の日程と方角・時間
みずがめ座流星群 2015 ピーク(極大)と方角 時間帯は?

Menu

HOME

TOP