生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

二十四節気

冬至とは?2019年はいつ?意味と読み方、行事と食べ物、二十四節気

投稿日:2015年10月14日 更新日:

冬至は二十四節気の中でも
最も有名なものの一つですよね!
 

柚子(ゆず)湯や行事食のかぼちゃなど、
全国的な行事になっています。
 

冬至の意味や読み方は?

2019年の冬至はいつなのか?

その頃に旬をむかえる食べ物
行事や祭りは?
 

など、冬至について、まとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

冬至とは?2019年はいつ?意味と読み方

092204-1
 

暦便覧では、
 

「日南の限りを行きて、日の短きの至りなればなり」
 

と記されていて、

太陽の高さが最も低くなり、
昼の時間が一年で一番短くなる日
です。

 

冬至は、二十四節気の第二十二で、
毎年12月22日ごろです。
 

旧暦では十一月内です。

 

 

太陽黄経が270度のときで、
天文学上ではその瞬間を”冬至”といい、

暦の上では冬至が起こる瞬間を
含む日を指します。

 

次の節気である”小寒”の
(小寒:しょうかん:2020年は1月6日)

前日である、翌年1月5日までの
期間を表すこともあります。

(2019~2020年の場合:
 日付は年によって、若干違う場合があります)

 

小寒については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
小寒とは 2020年はいつ?寒中見舞いやことわざについて

 

読み方は”冬至(とうじ)”で、

今年(2019年)は12月22日(日)です。

 

 

冬至といえばかぼちゃ料理とゆず湯が
全国的な行事になっていますよね!

 

冬至かぼちゃとゆず湯については
こちらの記事をご覧ください。
    ↓    ↓
冬至かぼちゃの理由と冬至ゆず湯の由来とは?

 

かぼちゃ料理のレシピについては
こちらの記事をご覧ください。
    ↓    ↓
冬至のかぼちゃ料理の作り方、いとこ煮・おしるこ・かぼちゃのそぼろ煮

 

 

冬至と他の二十四節気・七十二候との関係

 

冬至は”大雪(たいせつ)”の後、
”小寒(しょうかん)”の前で、

二十四節気の第一である立春からの順番は、
 

立春 ⇒ 雨水 ⇒ 啓蟄 ⇒ 春分 ⇒ 清明 ⇒ 穀雨 ⇒
立夏 ⇒ 小満 ⇒ 芒種 ⇒ 夏至 ⇒ 小暑 ⇒ 大暑 ⇒
立秋 ⇒ 処暑 ⇒ 白露 ⇒ 秋分 ⇒ 寒露 ⇒ 霜降 ⇒
立冬 ⇒ 小雪 ⇒ 大雪 ⇒ 冬至 ⇒ 小寒 ・・・
 

と続いていきます。

 

大雪については、
以下の記事で詳しく説明してありますので、
よろしければご覧ください。
     ↓     ↓
二十四節気 大雪の意味は?由来と日付、行事・食べ物

 

 

七十二候は

a0007_000643-1
 

初候 第六十四候  乃東生(なつかれくさしょうず)
          靭草(うつぼぐさ)が芽を出す時期
 

次候 第六十五候  麋角解(さわしかのつのおつる)
          大鹿の角が落ちる時期
 

末候 第六十六候  雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)
          雪の下で麦が伸びる時期

 

 

スポンサーリンク

 

 
          

冬至の食べ物・旬の食材、行事など

6eef77067d05613fcec9a26434b4e2da_s-1
 

冬至の頃の旬の食べ物は

・かぼちゃ
・カリフラワー
・牛蒡
・大根
・長葱
・野沢菜
・白菜
・ブロッコリー
・蓮根
・みかん
・レモン
・はまち
・鰆
・平目
・フグ
・伊勢海老
・海苔
・小豆
・こんにゃく   etc…

 

植物では、

a0960_004204-1

・水仙
・シクラメン
・カトレア
・寒椿
・クリスマスローズ
・胡蝶蘭
・山茶花
・椿
・ニオイザクラ
・ポインセチア
 

などの花が盛りです。

 

 

白露の頃の行事や祭り

a1380_001513-1
 

・さっぽろホワイトイルミネーション
          毎年11月下旬~翌年2月中旬ごろにかけて

・丸の内イルミネーション
          毎年11月~翌年2月ごろにかけて

・昭和記念公園イルミネーション
          毎年12月上旬~下旬ごろにかけて

・ボロ市      毎年12月15日・16日と翌年1月15日・16日

・羽子板市     毎年12月17日~19日

・神戸ルミナリエ  毎年12月上旬~中旬ごろにかけて

・赤穂義士祭    毎年12月14日

・ひろしまドリミネーション
          毎年11月17日~翌年1月3日

・クリスマス    12月25日

・大晦日      12月31日

・なまはげ     12月31日

 

などがあります。

 

 

まとめ

 

いよいよ年の瀬が押し迫ってきましたね・・・
 

クリスマスが過ぎれば
一気にあわただしくなってきます。
 

今年こそは、
年末・年始の準備を早めにしよう!

と、毎年決意するんですが・・・
今年はどうなるでしょうか!?

 

関連記事

初めてのクリスマスイルミネーション 飾り方と注意点

喪中の年末年始の過ごし方・やるべきことと控えること

正月太り解消のダイエット法・原因と対策を知って体重リセット!

 

 

スポンサーリンク

-二十四節気
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

うなぎのタレが余った時の活用法!簡単豚肉・鶏肉料理の作り方

うなぎのタレが余ったら、 他の料理にどんどん活用しましょう!   うなぎのタレは、 それ一つで完成された味なので、 お手軽・簡単料理には もってこいのアイテムです。   あまり料理 …

穀雨とは?意味と由来、今年 2019年はいつ?二十四節気・七十二候

穀雨(こくう)って 聞いたことがありますか?   たまにニュースなどで取り上げられる、 二十四節気の一つですが、 詳しく知っている人は少ないと思います。   そんな、あまり知られて …

うなぎのたれの余りを利用して簡単アレンジご飯ものレシピ

うなぎのたれの余りを利用して、 ご飯ものを作りましょう!   たれのちょっと香ばしい風味と ご飯が良く合って、 食欲をそそりますよ~!   簡単に出来るので、 ぜひ作ってみてくださ …

うなぎときゅうりの酢の物のレシピ うざくの作り方

うなぎときゅうりの酢の物・ ”うざく”の作り方を ご紹介します。   土用の丑の日にはうなぎを食べるけど、 うな丼はちょっと重いなぁ・・・   という時に、 サッパリとした”うざく …

立冬とは?2019年の日付と意味・由来、食べ物と行事、二十四節気

二十四節気の一つ立冬とは?   2019年の立冬はいつ? 意味や由来、読み方は? 食べ物や行事、祭りは?   など、立冬について、まとめました。     スポン …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nayamikaisyo/kamyyusy.com/public_html/wp-content/plugins/collapsing-categories/collapscatlist.php on line 134