生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

天体ショー

オリオン座流星群のピークの時間帯2015 輻射点(放射点)と見える方角

投稿日:2015年7月30日 更新日:

オリオン座流星群とは
どんな流星群なんでしょうか?
 

今年(2015年)のピーク(極大)の時間帯は?

どの方角が良く見える?

など、オリオン座流星群について
まとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

オリオン座流星群のピークの時間帯2015

2a935a65f15cf1086c55a5062f1d424f_s-1

オリオン座流星群の2015年の極大日は10月22日

午前8時ごろがピーク(極大)の時間帯です。

 

月齢は8ですが、上弦の月
(夜中12時ごろには西に沈む)なので、
夜中の観測条件としては良いでしょう。

 

例年、1時間に10~20個ぐらいの流星が
観測されています。

 

明るい流星が多いので、
肉眼で見つけやすい流星群です。

 

 

オリオン座流星群2015年の方角は?

 

オリオン座流星群の輻射点(放射点)は、

オリオンの右手先の部分にあたりにあり、
高度も高いです。

 

夜中0時ごろに月が沈んでからが
絶好の観測時間
で、

方角は東から南にかけて移動します。

 

でも、流星群は全天に流れるのが特徴なので、
輻射点を観測するのでなければ、
方角はあまり気にしなくてもいいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

オリオン座流星群とは?

a0001_014460-1
 

オリオン座流星群は流星群の中でも
速度が速い流星群
として有名です。

 

また、明るい流星が多いのも特徴で、
観測しやすい流星群です。

 

出現期間は10月2日~11月7日ごろで、

母彗星(母天体)は、
あの有名なハレー彗星です。

 

 

オリオン座といえば、英雄オリオンの、
ちょうど腰のところの”三ツ星”が有名ですね!

 

冬の夜空を代表する星座なので、
比較的見つけやすいかと思います。

 

 

オリオン座の神話は、
 

オリオンは優れた狩人でしたが、その才に慢心し、

「自分に狩れない獲物はない!」

と豪語したために、見かねた女神ヘラが、
オリオンの足元に大きなサソリを放ちました。
 

そのサソリに刺され、オリオンは落命。
 

その後、オリオンとサソリは大神ゼウスによって
星座として夜空に上げられました。
 

オリオンは星座になってもサソリが苦手なのか、
さそり座が東から上がってくると、
西に沈んでしまいます。

 

 

まとめ

近年、出現数が減ってきている
といわれている
オリオン座流星群ですが、
 

明るい流星が多く、
今年(2015年)は観測条件が良いので、
期待できるでしょう^^
 

お天気が良いことを祈ります・・・^^

 

 

スポンサーリンク

-天体ショー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おうし座流星群2018年の時間と方角 ピーク(極大日)と探し方

おうし座流星群2018年の情報です。 今年のおうし座流星群のピーク(極大日)はいつ? 時間は何時ごろ? 方角はどこ? どうやって探すの? など、2018年のおうし座流星群の 情報についてまとめました。 …

ペルセウス座流星群の観測スポット 千葉県のおすすめはここ!

ペルセウス座流星群の、千葉県の おすすめ観測スポットをご紹介しています。 都心からそんなに離れていなくて、 比較的きれいに見える場所です。 外でも天体観測しやすい時期なので、 ぜひ、出かけてみてくださ …

こぐま座流星群2018年のピークの時間と放射点の方角

こぐま座流星群2018年の情報です。 こぐま座は北極星(ポラリス)を 含む星座として有名ですね! 活動がおとなしい流星群かと思いきや、 突発出現を見せるなど、 ちょっと気まぐれな流星群です。 そんなこ …

ペルセウス座流星群の観測スポット 兵庫県のおすすめはここ!

ペルセウス座流星群の、兵庫県の おすすめ観測スポットをご紹介しています。 比較的アクセスも良く、 視界が開けていて、 星空がきれいに見える場所です。 夜中でも天体観測しやすい時期なので、 ぜひ、出かけ …

ウィルタネン彗星が2018年12月に地球に最接近

ウィルタネン彗星って、 あまり聞きなれないかもしれませんが、 今年の12月16日に、 地球に最接近します。 ウィルタネン彗星とはどんな彗星か どのくらい近づくのか いつ、どの方角を見れば観測できるか …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー