しぶんぎ座流星群2016年 特徴と方角 極大日(ピーク)と時間帯

しぶんぎ座流星群とは
どんな流星群なんでしょうか?

今年(2016年)のピーク(極大)の時間帯は?
どの方角が良く見える?
輻射点(放射点)の見つけ方は? など、
しぶんぎ座流星群についてまとめました。

スポンサードリンク

しぶんぎ座流星群2016年 特徴とは?

よぞら
しぶんぎ座流星群は別名りゅう座ι(イオタ)流星群
とも呼ばれています。

というのも、1928年にしぶんぎ座(四分儀座)という
星座が廃止された
からです。
(しぶんぎ座流星群の名前だけが残っています)

三大流星群の一つで、
多くの流星でお正月のお祝い気分を盛り上げてくれる、
今年最初の流星群です^^

母天体(母彗星)ははっきり断定されておらず、
マックホルツ第一周期彗星やヘール・ボップ彗星が候補
として上がっています。

出現期間は1月1日から5日ごろで、
2016年は1月4日の17時ごろに極大(ピーク)を迎えます。

極大時間帯が数時間しかないので、昼になるか
夜になるかで当たりはずれが大きい
という
特徴を持っています。
                                                          

スポンサードリンク

しぶんぎ座流星群2016年の方角は?


しぶんぎ座流星群の輻射点(放射点)は、
りゅう座ι(イオタ)星の近く、うしかい座との
境界あたり(北東の方角)
です。

でも、流星群は全天に流れるのが特徴なので、
輻射点を観測するのでなければ、
方角はあまり気にしなくてもいいと思います。
                                                          

しぶんぎ座流星群2016年の極大日(ピーク)と時間帯

080909-1
極大日(ピーク)は1月4日で、
極大の時間帯が17時ごろです。

月齢は24と、まずまずの条件ですが、極大時間が夕方
なので、条件的にはあまりよくないですね^^;

出現数は例年、1時間当たり40~60個ぐらいですが、
極大時間帯の関係で、年によって
当たりはずれが大きいです。
                                                          

まとめ

今年の初めての天体ショー、しぶんぎ座流星群^^

ちょうどお正月ということもあって、
今年一年の運勢を占ってみるのも楽しいかも^^

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

おうし座流星群2015年の極大時間と方角 ピークはいつ?
やぎ座流星群 2015年の方角とピーク(極大日)はいつ?
みずがめ座流星群 2015 ピーク(極大)と方角 時間帯は?
皆既月食はなぜ赤い?理由と仕組み 日本の日程と方角・時間
ペルセウス座流星群とは?どの方角で見える?ピークの時間帯は?
りゅう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯
こぐま座流星群2015年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
ペルセウス座流星群の観測スポット 関東ではここがおすすめ!
ペルセウス座流星群の観測スポット 関西ではここがおすすめ!
ふたご座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?
獅子座流星群2015年の時間と方角 ピーク(極大日)はいつ?
こと座流星群2016年の時間帯と方角 ピーク(極大)日にちと見ごろ
オリオン座流星群のピークの時間帯2015 輻射点(放射点)と見える方角
はくちょう座流星群2015年の方角は?ピーク(極大)と時間帯

Menu

HOME

TOP