生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

お正月

謹賀新年の意味 いつまで使える?賀詞の重複とは?

投稿日:2015年1月1日 更新日:

2015年 元日
新たな年の始まりです!

”謹賀新年”って、
年賀状によく書いてありますが、

どのような意味があるのか

また、使っていいのはいつまで?

などの疑問にお答えします!

 

スポンサーリンク

 
 

謹賀新年ってどういう意味?

a1520_000001-1
 

”謹賀新年”とは、

『謹んで新年のお慶びを申し上げます』

という意味で、

上司や先生など、目上の方に対する
新年のご挨拶の言葉です。
 

他に”恭賀新年”

『恭しく新年のお慶びを申し上げます』

というのもありますね。
 

反対に”賀正”や”迎春”は
目上の人から下の人へ使う言葉で、

目上の方に対して使用するのは
控えるほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

謹賀新年はいつまで使える?

謹賀新年などの新年の挨拶は、
一般的には”松の内”まで

つまり1月7日まで、というところが多いですが、

昔は松の内=1月15日だったことから、
15日までのところや、
地域によっても違いがあります。
 

年明けから1か月くらいなら、
その年に初めて会う人には
新年のあいさつをする、

という意見もよく聞きますので、
周りの状況に合わせて臨機応変に、
で良いと思います。

 
 

まとめ

よく、年賀状に”謹賀新年”の書き出しの後に、
”あけましておめでとうございます”と
書いてしまいがちなんですが、

謹賀新年自体が

『謹んで新年のお慶びを申し上げます』

という年始のあいさつで、

意味が重複しているので、
ちょっとおかしいです。
 

また、

『新年あけましておめでとうございます』

というのは間違いである、
という意見をよく聞きますが、

実はこの表現は正しいんだそうです!

改めて、日本語って難しいですね・・・^^;

 
 

スポンサーリンク

-お正月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おみくじとは?由来と歴史、結ぶ?結ばない?取り扱い方のマナー

おみくじは初詣などで、運勢占い として気軽に引きますよね! 寺社へのお参りの後、楽しみに している人はとても多いです。 そんな、おみくじの由来や意味、 取り扱い方のマナーを まとめました。 &nbsp …

初詣のおみくじで凶が出た!二度引くのはいい?引いた後はどうするの?

初詣のおみくじで凶が出たら、 ちょっとショックだと感じる人も いるかもしれませんね。 でも本当に凶は悪い結果 なんでしょうか? おみくじを二度引くのはOK? 引いた後どうすればいいの? などの疑問にお …

おみくじの意味一覧と用語の正しい読み方、運勢の種類と順番は?

おみくじに書かれている言葉って ちょっとムズカシイですよね・・・ 正しい読み方ができる人って 少ないと思います。 おみくじの用語の意味や、 吉や凶など運勢の順番を まとめました。   スポン …

鏡餅の食べ方 アレンジレシピと揚げ餅・あられの作り方

お正月に飾った鏡餅は、鏡開き (1月11日)まで飾っておきますが、 鏡開きの後、どんな食べ方をしていますか? お雑煮やぜんざいなど、 普通の食べ方に飽きてしまったら、 アレンジして料理に使ったり、 揚 …

おせち料理の意味と由来

お正月ってどうして”おせち料理”を 食べるんでしょうか? おせち料理の伝統的な献立には どんな由来や意味があるのか まとめました。   スポンサーリンク

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー